「アマゾンがリードする段階は終わる」--オラクルのエリソン氏

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子 2016年09月20日 17時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Oracleの最高技術責任者(CTO)Larry Ellison氏は、同社の第2世代IaaSデータセンターを武器に、クラウドインフラにおける頂点の座を狙っている。


Larry Ellison氏が9月18日に「Oracle OpenWorld 2016」で皮切りとなる基調講演を実施した(写真は2015年のもの)。

 Ellison氏は米国時間9月18日夕刻、サンフランシスコで開催中の「Oracle OpenWorld 2016」の基調講演において、同社の第2世代IaaSデータセンターの稼働開始によって「Amazonがリードする段階は終わる」と宣言し、Amazonに対抗する姿勢を強く示した。

 同氏は基調講演のなかで「彼らを深く尊敬している」と述べたうえで、「Amazonの行く手には強敵が待ち構えている」と述べた。

 Ellison氏は過去に、IaaSだけでなく、PaaSやSaaSを含むクラウドの完全なスイートをOracleの顧客に提供するという自らの野望を包み隠すことなく語っていた。そして今回、同社の第2世代IaaSデータセンターに関する詳細について説明した。

 同氏によると、Oracleは「Amazon Web Services(AWS)」の2倍のコア数と、4倍のストレージ容量、10倍の入出力性能を実現するという。

 そのうえで同氏は「しかも、安価になるということを覚えておいてほしい」と続けた。

 さらに同氏によると、このデータセンターはデータをユーザーの近くに配置するとともに、壊滅的な機能停止を避けるために、さまざまなリージョン内に複数の「アベイラビリティドメイン」を配置するようになっているという。これらドメインは、光ファイバーで相互接続され、全ドメインのデータが複製されることになる。Ellison氏は「単一障害点は存在しない。われわれのデータセンターが1つ丸ごと停止しても、ユーザーはそのことにまったく気付かないはずだ」と述べた。

 ドメインは世界各地に配置され、相互接続されることになる。Ellison氏によると、これらのデータセンターではパフォーマンスを向上させるために、世界各地に分散した断片的データを活用するという。

 OracleのIaaS事業に対するEllison氏の野望は確かに大胆だ。AWSのIaaS市場シェアは、Synergy Research Groupが8月に発表した調査結果によると2位の3倍近くもある。またAWSは、Gartnerによる調査結果「Magic Quadrant for Cloud Infrastructure as a Service」でもIaaS市場を圧倒している一方で、OracleはGartnerの図にプロットされるだけの十分な市場シェアすら獲得できていない。

 一方、OracleのIaaS事業は伸びているとはいえ、SaaS事業やPaaS事業ほどの成長率ではない。2017会計年度第1四半期決算(8月31日締め)において、SaaS事業とPaaS事業をあわせた売上高は前年同期比82%増(恒常通貨ベース)の8億1500万ドルとなった。これに対して、IaaS事業は前年同期比10%増の1億7100万ドルだった。

 Ellison氏は、他のどのプロバイダーよりも多くSaaSおよびPaaSを販売していると述べた。

 また同氏は18日夕刻、「Cloud@Customer」という新製品も発表した。これは、パブリッククラウドの延長線上でサブスクリプションベースのサービスとして提供され、顧客はオンプレミス環境上でハードウェアやソフトウェアに投資することなく同サービスを利用できる。

 同氏は「われわれのクラウドで用いているマシン構成とまったく同じものを市場で提供する」と説明するとともに、「まったく同じソフトウェアとハードウェアを(中略)顧客のデータセンターのファイアウォールの内側にインストールし、顧客の高速LANに接続することができる」と述べた。

 そして同氏は「これは、例えばAmazonが提供しているような、単なるパブリッククラウドとはまったく異なるものだ」と付け加えた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]