編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
米ZDNet編集長Larryの独り言

オラクルにセールスフォースも--AIを前面に押し出す各社の戦略 - (page 2)

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2016-09-23 06:00

 Oracleはこの基調講演の数時間後に、リアルタイムなアナリティクスと行動データにサードパーティーのデータを組み合わせることで、適応と学習に対応するクラウドアプリケーションを構築するという戦略の概要を説明した。Oracleのこういった次世代クラウドソリューションはAdaptive Intelligent Applicationsと呼ばれており、50億件を超えるコンシューマーや企業のプロファイルを集積したData Cloudを活用するようになっている。これらデータの集積場所がOracleのデータベースになるのは驚くべき話ではないはずだ。

 Oracleは財務部門や人事部門、マーケティング部門、サプライチェーン部門のマネージャーすべてが同社のData Cloudを活用するという構想を描いている。

 多くのクラウドベンダーが、アナリティクスや機械学習、洞察といったキーワードを使用している点に留意してもらいたい。SAPやWorkdayをはじめとする多くの企業はそのような戦略を採用している。またMicrosoftは「Microsoft Azure」でAIと機械学習を採用した複数の応用に取り組んでいる。さらにFacebookやGoogleも、舞台裏の随所でAIと機械学習を活用している。

 しかし、SalesforceのEinsteinやOracleの戦略が展開していくとともに、AIや機械学習というキーワードが、企業のあらゆるところで用いられるようになるはずだ。業務部門のITリーダーは、今までAI戦略についてなど尋ねられることがなかったかもしれないが、今後は変わっていくだろう。そして、取締役会でAIや機械学習が話題にのぼる日もすぐにやってくる。最高情報責任者(CIO)は、自社のAI戦略について問われるようになるのだ。

 データによってAIへの道が整備される。そしてAIによって労働力のさらなる自動化への道が整備される。自動化やロボット、デジタルな労働力によってコストダウンと人材の削減、スケーラビリティの追求が容易になるというわけだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]