編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら

オラクル、CASBの新興企業Palerraを買収へ--クラウドセキュリティ強化に向け

Jake Smith (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2016-09-21 12:42

 Oracleは米国時間9月18日、クラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)技術を手がける新興企業Palerraを買収することで両社が合意したと発表した。Oracleはこの買収により、クラウド向けID管理サービス「Oracle Identity Cloud Service」の強化を目指す。買収の金銭的条件は明らかにされていない。

 Palerraの共同創業者Rohit Gupta氏は同社のブログに「OracleとPalerraは協力し、クラウド向けの包括的なID管理およびセキュリティサービスを提供することで、クラウド普及の着実な加速を促す」と記している。

 なお、両社は買収手続きが完了するまで独立したかたちで運営される。

 Oracleは今回の買収について、「Oracle Identity Cloud Service(IDaaS)と、PalerraのCASBソリューションを組み合わせることで、ユーザーやアプリケーション、API、データ、インフラに対する包括的な保護を提供し、顧客のクラウド採用を確実なものにしていく」としている。

 PalerraのCASB製品である「LORIC」は、怪しいアクティビティの有無を監視するとともに、迅速な対応を可能にする。2013年に創業したPalerraは株式非公開企業であり、Norwest Venture PartnersやWing Venture Capital、August Capitalから資金を得ている。

オラクル、CASBの新興企業Palerraを買収へ
提供:File photo

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]