cloudpack、クラウドを基盤としたプロジェクトのノウハウをを公開

NO BUDGET

2016-09-22 07:00

 アイレットは9月20日、同社が運営するcloudpackにおいて、クラウドを基盤としたシステム構築・開発における、契約からリリースまでのプロジェクトの品質・スピード・成果を最大化するための手法をまとめた「cloudpackプロジェクト管理ホワイトペーパー」を公開した。

cloudpackホワイトペーパーラインアップ
cloudpackホワイトペーパーラインアップ

 cloudpackでは、アマゾン ウェブ サービス(AWS)を基盤とした24時間365日のフルマネージドサービスを提供、クラウドを基盤としたプロジェクトを年間で数百件規模でこなしている。このホワイトペーパーは、そのcloudpackのプロジェクト管理のノウハウを公開したもので、システムの構築フェーズにおける、円滑なプロジェクト遂行を実現するためのプロセスおよびコミュニケーションルールなどを明確にしているという。

 アイレットはホワイトペーパーを公開する理由について、cloudpackのサービスレベルを明確にすると同時に、 アイレット他社との違いをしってもらうためと説明。AWS導入を手がける同業他社と単にメニューの比較だけでは、品質など違いがわかりにくいと言われているため、ホワイトペーパーを通じて積極的に情報を開示し、サービスの透明性を高めたいとした。

 主な内容は以下の通り。

  • cloudpackにおけるシステム構築の流れ
  • 工程を細分化する「課題」について
  • 期日どおりに課題を解決するためのルール
  • 「Backlog」を使ったプロジェクト管理手法

 なお、cloudpackでは、ほかにも以下の4種類のホワイトペーパーを公開している。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]