マイクロソフト、「TypeScript 2.0」の一般提供を開始

Mary Jo Foley (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-09-23 10:36

 Microsoftは米国時間9月22日、「TypeScript 2.0」の正式バージョンを公開したと発表した。TypeScriptはJavaScriptのスーパーセットで、大規模アプリケーション開発を見据えたものとなっている。

 「TypeScriptはスケーラビリティのあるJavaScript」とMicrosoftは表現する。TypeScriptで記述されたソースコードはコンパイルすると、プレインなJavaScriptへと変換される。

 Microsoftが「TypeScript 1.0」を発表したのは2012年のこと。同言語は発表当初から「Apache 2.0」ライセンスに基づいたオープンソースプロジェクトだった。TypeScriptの父と称されるAnders Hejlsberg氏は、C#の父とも称されている。

 同社は、TypeScriptにより「JavaScriptと静的な型付けを組み合わせた際の可能性」が開発者に示されると述べている。TypeScript 1.0ではコンパイル時のエラーチェック機能とさまざまなエディタ用ツールが提供されていた。

 それ以来、同社はTypeScriptのポイントリリース(バージョン番号が小数点以下のマイナーバージョンアップ)を重ねるとともに、リポジトリをGitHubへと移行した。同社によると、TypeScript 2.0はECMAScriptの規格から大きく外れることなく、JavaScriptのライブラリやツールに対するサポートを充実させ、主要エディタすべてをサポートしているという。

 同社は今後、TypeScriptの言語サービスと関連ツールの拡充に力を注いでいく計画だ。

 同社のブログ記事によると、ユーザーは「Visual Studio 2015」(Update 3)向けのTypeScript 2.0をダウンロードしたり、Visual Studioのパッケージ管理機構「NuGet」から取得したり、「Visual Studio Code」内から使用を開始したり、Node.jsのパッケージ管理ツール「npm」経由でインストールできるという。同社はまた、Visual Studioの次期バージョンであり、最終的には「Visual Studio 2016」と命名されるであろう「Visual Studio "15"」のプレビューユーザーも、次回のプレビュー版でTypeScript 2.0を使用できるようになると述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]