編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら
日本株展望

強弱材料が拮抗--日経平均に膠着感

ZDNet Japan Staff

2016-09-26 11:12

楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏の見解を紹介する

 本日のポイントは3点。これらを解説する。

  1. 日経平均は、1万6000~1万7000円のレンジでやや膠着しつつある
  2. 米利上げが視野に入り、1ドル105~110円に向けて円安が進む場合、日経平均は年末1万8000円以上に上昇が見込まれる
  3. ただし、米景気が軟化して年内の米利上げが見込めなくなると、1ドル95円に向けて円高が進み、日経平均は再び1万6000円割れをトライするリスクがある

膠着感が出てきた日経平均

 日経平均は、1万6000~1万7000円のレンジで往来を繰り返す相場になりつつある(下のチャートの赤い線)。もう少し広いレンジで見ると、1万5000~1万7800円のレンジを抜けにくくなっている(下のグラフの水色の線)。

 2016年に入ってから、日経平均は、1万5000円割れを2回トライした後、急反発している(下のグラフの赤印をつけたところ)。2番底をつけて上昇に入るパターンに見えたが、強弱材料が拮抗しており、上下とも大きくは動けない状況に入りつつある。

日経平均週足:2015年1月5日―2016年9月23日

(注:マーケットスピートより楽天証券経済研究所が作成)
(注:マーケットスピートより楽天証券経済研究所が作成)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]