編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
日本株展望

JR九州の鉄道事業が今期初めて黒字になる理由 - (page 2)

ZDNet Japan Staff

2016-09-28 12:15

先に上場しているJR3社との比較

 JR九州(9142)は、成長力でJR東日本(9020)、JR東海(9022)、JR西日本(9021)に見劣りする。九州に観光ブームの追い風が吹いているとは言え、乗客が減り続けている赤字ローカル線を抱えていることが足を引っ張る。

 ただし、その分、配当利回りで見ると、JR九州に分がありそうだ。JR九州の公募価格は決まっていないので、あくまでも目論見書の想定価格2450円で計算したものだが、“年率の予想配当利回り”は、約3%となる。JR3社の配当利回り(東日本1.4%、東海0.7%、西日本2.2%:9月27日時点)よりも高くなりそうだ。

 ただし、同じ民営化株では、日本たばこ産業(2914)(配当利回り3.1%)、NTTドコモ(9437)(配当利回り3.0%)のように利回りの高いものもある。

JR九州の年率の予想配当利回り

 JR九州は当面、連結配当性向を30%とする方針を表明している。言い換えると、毎年の連結純利益の30%を配当金として株主に支払う方針だ。ただし、2017年3月期だけは連結配当性向を15%とする予定だ。上場する10月25日から決算期末(3月末)まで5カ月強しかないからだ。

 JR九州が2017年3月末に予定する1株あたり配当金は37.5円だ。JR九州の想定価格2450円に対し1.53%となる。半期で1.53%の配当を出すわけだから、年率換算すると約3%の配当を出すことになる。

(ご参考)9月中間配当について

 今日(9月28日)、9月に中間決算を迎える銘柄を購入しても、9月中間配当金を受け取る権利を得ることはできない。9月中間配当金を受け取る権利を得るためには、昨日(9月27日)までに購入する必要があった。

 今回のレポートで紹介した銘柄で、日本たばこ産業(2914)だけは12月決算だが、その他の銘柄は3月決算で9月に中間決算を迎える。

 過去記事は、キーワード「日本株展望」から読めます。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]