課題解決のためのUI/UX

入退場管理のUXから考える--コストと守るべき価値のバランス

綾塚祐二 2016年10月03日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最近では小規模なオフィスでもカードキーで開けるオートロックの扉(ゲート)がついているところが多い。

 大きなオフィスビルだと、オフィスフロアへアクセスするためにまずゲートを通過し、オフィスに入る際にまたそれぞれのゲートがあるというような構成が多い。

 オフィスの中でも、個人情報や重大な機密を扱っている部屋はさらにゲートがある場合もあるであろう。細かな入退場・入退室管理もIT機器がないと現実的な運用が難しい。今回はこうしたものにまつわるUXと、その周辺に関して見ていきたい。

入退場管理の要素

 ある人に、ある場所へ入るなど、何かを行う権限があるかどうかは、主にその人の権限を証明する物(ときとして情報)を持っているか否かで判断される。あるいは、あらかじめ登録してあるその人に関するデータ(識別情報)と目の前にいるその人のデータが合致するかで判断される。

 社員証や鍵、合言葉などは前者の例であり、指紋認証や顔認証は後者の例である。

 電子的な認証器が登場する以前は社員証などの認証は人の目により行うしかなく、守衛などに社員証を見せて門を通るといったような運用になっていた (低コストで融通が効くので、今も広く使われている)。

 (メカニカルな)鍵は、入るための権限というよりは解錠・施錠する権限として機能する。開けるための手間がそれなりに掛かるので、出入りの多い場所では最初の入場者が鍵を開けて、最後の退出者が鍵を掛けるというような運用になることが多い。

 その場合、開いている間の入場の管理は、相手は社員証を提げているか、顔を知っている(これもある種の「事前に登録(記憶)されている情報と合致するか」である)かなどをその場にいる人が相互に確認するのみのことがほとんどであろう。

 開けるための手間が軽減される電子的なカードキーが登場することで、出入りの多い場所でも「入室する際には必ず解錠」というやりかたができるようになった。また、鍵の必要なゲートを増やすことも比較的簡単になった。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算