課題解決のためのUI/UX

入退場管理のUXから考える--コストと守るべき価値のバランス - (page 3)

綾塚祐二

2016-10-03 07:00

コストと守るべき価値とのバランス

 管理する側としては、なるべく人々の動きを把握できるようにしたくなるものであるが、細かく管理しようとするほど前述のようにシステムのコストも、ユーザーが負うコストも高くなる。

 一般的に、セキュリティのために掛けるコストは守るべきものやその価値に見合ったものでないと、使い勝手やUXを悪くする。

 セキュリティ的な「問題」となる部分、なりうる部分をしっかり見極め、それに見合う管理や制限の方法をデザインする必要がある。必要な度合いよりも緩い管理にするわけにはいかないが、UXを大きく悪化させるような過剰なきつさはないか、常に気をつけたい。

入退場以外への応用

 電子的に読み取り可能なIDは、もちろん鍵として入退場の管理に使うこと以外にも応用できる。たとえば、計算機システムのIDと結びつけて、プリンタに送ったタスクを、送ったユーザーのIDカードをプリンタに取り付けた認識機に読み取らせないと印刷しないというシステムがある。

 これは、一見、プリンタへのアクセス制御のように思われるかもしれないが、それは計算機システムのIDによって行われている。

 IDカードを使うことで解決しているのは、印刷したものの取り忘れ(内容によってはセキュリティ上の問題となる)や、他のユーザーの複数のタスクの間に自分のタスクが紛れてしまったりすることで自分の印刷したものを他のユーザーが持っていってしまうことがあるなどの問題である。

 プリンタがいわゆる複合機で、スキャナ機能も使える場合は、スキャンされたデータは共有フォルダなどには置かれずにそのユーザーにメールで送られるなど、ファイルを探す手間や取り違いなどを防ぐことができる。

 プリンタやスキャナを使うためにIDカードが必要というのは手間を増やしているとも言えるが、それに見合う利益があり、全体のUXを良くしていると言えるであろう。

 そのような例は、今後増えるのではないかと思われる。他の応用例をぜひ考えてみていただきたい。

綾塚 祐二
東京大学大学院理学系研究科情報科学専攻修了。ソニーコンピュータサイエンス研究所、トヨタIT開発センター、ISID オープンイノベーションラボを経て、現在、株式会社クレスコ、技術研究所副所長。HCI が専門で、GUI、実世界指向インターフェース、拡張現実感、写真を用いたコミュニケーションなどの研究を行ってきている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]