編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
日本株展望

日経平均先物12月限を見るときの注意点(その2)

ZDNet Japan Staff

2016-09-29 11:21

 今回は、先物について日頃寄せられる疑問に楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏が答える。9月14日「日経平均先物12月限を見るときの注意点」の続編(先物を見ていない読者には関心のない内容になるかもしれない)。

今日のポイント

  1. 日経平均先物12月限の理論値は、9月27日までは、日経平均よりも130円低い水準だ。9月27日までは、先物12月限が日経平均よりも130円程度低い値で推移していたが、それは先安感を表しているのではない。理論値通りに値がついているだけだ
  2. 9月28日は9月中間決算の権利落ち日だ。9月に中間決算を迎える銘柄を9月28日に買っても、9月中間決算の配当を受け取る権利は得られない。そのため、先物12月限の理論値は28日から日経平均とほぼ同値となる。今後は、先物12月限と日経平均はほぼ同値で推移する

先物12月限は、9月27日までは日経平均より約130円低い水準、28日以降は日経平均とほぼ同値となる

 今回の説明は難解と思われる。結論だけお読みいただければ、後半の説明まで、全部読んでいただかなくても問題はない。

 以下の結論(1)~(5)の中で、特に大切なのは(1)と(4)だ。(1)と(4)だけ頭に入れておいていただければOKだ。

<結論(1)>日経平均先物12月限の理論値は、9月27日までは日経平均の値を約130円下回る。その間、先物12月限が日経平均より130円低い水準にあっても、それは先安感を表しているのではない。理論値通りに値がついているだけである。

<結論(2)>日経平均先物12月限の理論値は、9月28日以降は日経平均とほぼ同値となる。9月28日から12月限の最終売買日である12月8日まで、先物12月限と日経平均はほぼ同じ価格で取引されることになる。

<結論(3)>12月9日から先物は3月限を中心に見ていくことになる。日経平均先物3月限の最終売買日である2017年3月9日まで、先物3月限と日経平均は、ほぼ同じ価格で取引されることになる。

<結論(4)>2017年3月10日から先物は6月限を見ていくことになる。日経平均先物6月限の理論値は、3月28日までは日経平均を146円下回る水準となる見込みである。その間、先物6月限が日経平均より146円低い水準にあっても、それは先安感を表しているのではない。理論値通りに値がついているだけである(注=理論値が146円低い水準になるというのは現在の予想で、その時の日経平均の水準や配当見通しによって変わる)。

<結論(5)>日経平均先物6月限の理論値は、3月29日以降は日経平均とほぼ同値となる。3月29日から6月限の最終売買日である6月8日まで、先物6月限と日経平均は、ほぼ同じ価格で取引されることになる。

実際の値動きをチェック

 それでは、結論(1)と(2)について具体例を見てみよう。

日経平均先物(12月限)と日経平均の終値とその差額:9月9~28日

日経平均先物(12月限)と日経平均の終値とその差額:9月9~28日
(注)日経平均先物は15時15分の終値、日経平均は15時の終値を示す。日経平均は小数点以下を切り捨て。楽天証券経済研究所が作成

 日経平均先物(12月限)は、27日までは日経平均よりも130~140円低い水準にあることが多いことがわかる。表は終値での比較だが、日中の価格も常に先物が現物を130~140円下回っている。

 これを見て「先物市場に先安感がある」と解釈する人がいるが、それは誤りだ。先物(12月限)は実際には、理論値通りに値がついているだけだ。

 9月28日からは、先物12月限の理論値は日経平均とほぼ同値となる。28日の日経平均は前日比218円下がったが、先物12月限は前日比80円安だった。その結果、先物と日経平均の値段差は5円に縮小した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]