編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:「ジョブ型」へのシフト
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

Java API訴訟で再びグーグルに有利な判断--オラクルの請求を却下

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-09-30 12:45

 OracleとGoogleのJava API関連訴訟で、新たな審理を求めていたOracleの申し立てが棄却された。

 これまでの経緯として、まずOracleは2010年、Googleが「Android」の開発に使用した37のJava APIパッケージは著作権で保護されていると主張して訴訟を起こした。2014年には米国の連邦巡回区控訴裁判所が、APIには著作権が及び得るとする判決を下した。だがカリフォルニア州北部地区連邦地方裁判所は2016年5月に、GoogleのJava API使用は「フェアユース」に該当するため、著作権使用料支払いの対象とはならないという判決を下した。

 これに対しOracleは、Googleは「Chrome OS」を使用してAndroidアプリをデスクトップやラップトップで使用できるようにする計画を隠蔽していたと主張して、新たな審理を求めていた。Oracleの主張では、Googleは「ARC++プロジェクトの情報を隠し、完全に隠蔽していた」という。

 「ARC++」は、Chrome OSでAndroidアプリを実行するためのGoogleのソフトウェアだ。ARC++は、GoogleのAndroidとChrome OSのハイブリッドOSとされる「Andromeda」の原型でもある。

 しかし、カリフォルニア州北部地区連邦地方裁判所のWilliam Alsup裁判官は、Oracleの主張を認めなかった。自らもプログラマーであるAlsup裁判官は、新たな審理を求める請求を棄却した

 Alsup裁判官は、Googleは2015年、審理の少なくとも5カ月前に、ARC++の目的と技術的詳細について議論する9件の文書を作成していたと述べている。また同裁判官は、「OracleがARC++に関する文書を精査できなかったのは、Oracle自身の過失だ」と付け加えた。

 さらにAlsup裁判官は、いずれにせよ、ARC++に関する証拠には、スマートフォンやタブレット以外のデバイス上でAndroidを使用することが、5月に行われた裁判が対象とした範囲から外れていることを示すものはなく、証拠として適切ではないとしている。

 もちろん、これで一件落着というわけではない。Oracleの辞書には諦めるという文字はない。

 Oracleの法務担当役員Dorian Daley氏によれば、同社は「Googleがモバイルデバイス市場に急いで参入するために、Javaのコア技術を違法にコピーしてAndroidを開発したと強く信じている。OracleはGoogleの違法行為を止めるために今回の訴訟を提起した。当社は多くの控訴理由があると考えており、この裁判を連邦巡回区裁判所に控訴する予定だ」という主張を変えていない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]