編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

MSのクラウドベースバグ検知サービス「Project Springfield」--プレビュー開始

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-10-03 11:11

 Microsoftが「Microsoft Azure」で動作する新しいバグ検知サービスのテスターを募っている。

 マイクロソフトは先週、ソフトウェアに存在する可能性のあるセキュリティ脆弱性を一掃するためのツールのプレビューを発表した。「Project Springfield」という開発コード名がつけられたこのサービスは、Microsoft Researchが2000年代中頃に内部で開発したものだ。Microsoft製品のバグを先制的に発見および修正するための「ホワイトボックスファジング」技術として設計された。

 Microsoft ResearchのNExTグループは現在、Azureにホストされたサービスという形でSpringfieldを商品化しようとしている(Microsoft ResearchのNExT部門は、新たに統合されたMicrosoft AI and Research Groupの一部になる。NExTは、最終的に商品化される研究技術を開発することを目指している)。

 Microsoft Research NExTの最高製品責任者を務めるVikram Dendi氏は、「この(サービスの)狙いは、従来のテストでは発見が困難な、非常に深いところに存在するバグを発見することだ。時間旅行をするデバッギングと言ってもいい。なぜなら、「巻き戻し」をして、何が起きているのかをより深く把握する機能を提供するからだ」と述べた。

 Springfieldは2015年より、非公開のプレビュープログラムの一部として少数の顧客とパートナーに提供されている。Microsoftは先週、興味のある顧客やパートナーが新サービスのプレビューに登録できるリンクを公開した。登録が承認され次第、プレビューにアクセスできるようになる。

 「Windows 7」チームなど複数のMicrosoftチームは長期にわたりSpringfieldの主要なコンポーネント(社内では「SAGE」として知られる)を利用している。Springfieldは現在、「Windows」バイナリに対応しており、Linuxのサポートも予定されている。

Microsoft Project Springfield
提供:Microsoft

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]