Rethink Internet:インターネット再考

イノベーションは既存のテクノロジの「編集」によって生まれる(後編)

高橋幸治 2016年10月10日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「未来」“いずれやってくる結果”ではなく“そうなりつつある過程”

 前編の通り、おそらく活版印刷を“発明”したGutenbergが手がけたテクノロジの融合と結合が、現在の私たちの予測をはるかに超える形態や規模で頻発するのがすでに突入しつつあるインターネットの第2四半世紀であるように思う。

 その初期微動はすでに到来しており、まだまだ大流行中の「Pokemon GO」も、とりたてて「最新」の技術が採用されているわけではない。


2014年1月にサービスを停止した「セカイカメラ」

 ほとんどの先進諸国で人口に対する使用率が50パーセントを超えたスマートフォンの普及を背景に、高精度なGPS機能、2008年の時点ですでに実用段階に入っていた頓智ドットの「セカイカメラ」に代表されるAR、Googleの「Google Maps」「Google Earth」「Street View」といったテクノロジが「ポケモン」というコンテンツを軸に寄せ集められ、あたかもGutenbergの活版印刷のように「編集」されただけである。

 2045年に到来すると言われている「シンギュラリティー(人工知能の性能が人間の能力を超越する技術的特異点)」への関心の高まりと同期しつつ、近頃やたらと「未来」という言葉が取り沙汰されるが、そうした文脈における異次元へのシフト=「未来」はすでにもう始まっているのではないか。

 2045年に突如として「シンギュラリティー」が実現し、現在想定されている「未来」がそこから始まるわけではなく、「ポスト・ヒューマン誕生 コンピュータが人類の知性を超えるとき」(NHK出版)の著者であるアメリカの発明家、思想家、未来学者Ray Kurzweilが述べているように、私たちはもう「特化型AI」に取り巻かれながら生活しているわけで、ある意味で、「シンギュラリティー」はもう実現されていると考えたほうがいいだろう。

 「未来」はあるとき突然やってくるわけではない。「未来」への階梯を昇りつつある「現在」の中に「未来」は内包されている。「シンギュラリティー」は“いずれやってくる結果”ではなく、“そうなりつつある過程”のことだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化