モバイル、クラウドなどが幻滅期--ガートナー、「日本におけるテクノロジのハイプサイクル:2016年」発表

NO BUDGET 2016年10月05日 16時26分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ガートナージャパンは10月5日、「日本におけるテクノロジのハイプサイクル:2016年」を発表した。テクノロジ、方法論、プラクティス、コンセプトに関する38のキーワードを選定し、日本国内におけるトレンドを示している。

 ガートナーのハイプサイクルは、市場に新しく登場したテクノロジがまず過熱気味にもてはやされ、熱狂が冷める時期を経てから市場が確立し、市場分野における意義や役割が理解されるようになるまでの典型的な経過を示したもの。

 2007年から発表している「日本におけるテクノロジのハイプサイクル」では、ユーザー企業の最高情報責任者(CIO)、IT部門のリーダー、テクノロジベンダーのマーケティング、製品開発、戦略企画の各担当者に向けて、先進テクノロジのポートフォリオを策定する際に考慮すべきトレンドを業種横断的な視点で示している。

日本におけるテクノロジのハイプサイクル:2016年
日本におけるテクノロジのハイプサイクル:2016年(ガートナー ジャパン提供)

 2016年のハイプサイクルでは、モバイル、ソーシャル、クラウド、インフォメーションの内、モバイル(モバイルコンピューティング)、クラウド(クラウドコンピューティングおよびプライベートクラウドコンピューティング)、インフォメーション(代表としてビッグデータ)の3つは全て幻滅期に位置している。またソーシャルに関しては、ソーシャルメディアが既に生産性の安定期に達しているものの、ソーシャルアナリティクスが幻滅期に位置付けられている。

 これらの状況について、リサーチ部門マネージング バイス プレジデントの長嶋裕里香氏は次のようにコメントしている。

 「日本では、モバイル、ソーシャル、クラウド、インフォメーションをビジネスで活用することが重要であるという認識の下、一定以上の企業では活用と実装のフェーズに入りつつも、2015年に引き続き成功するケースと同程度もしくはそれ以上に、取り組みにおいて困難に直面したり、想像との違いに当惑したりすることが多くなってきていると言えます。しかし、各要素に対する注目度は依然として高く、モバイル、ソーシャル、クラウド、インフォメーションをそれぞれ個別に、あるいはこれらのいくつかを組み合わせてビジネスに生かすという考え方自体は衰えておらず、今後も多くの企業は何らかの形でこうしたテクノロジの恩恵を受けるでしょう」

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算