編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら

AT&TとAWS、戦略的提携を発表--クラウドやIoT、ネットワークで連携

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-10-07 14:18

 AT&TとAmazon Web Services(AWS)が、クラウドとネットワークサービスの統合で複数年の戦略的提携を結んだ。

 提携の目的は、既存の顧客と新規の顧客がAWSのクラウドサービスをAT&Tのネットワークで利用できるようにすることだ。このソリューションは、クラウドネットワーキング、モビリティ、モノのインターネット(IoT)、セキュリティ、アナリティクスと多岐に及ぶ。

 AT&Tはこれまでにも、同社のネットワークやエンタープライズサービスと主要なクラウドとの連携を強化する動きを見せている。IBMとの提携も今週発表している。

 AWSはAT&Tと提携することでエコシステムを拡大するとともに、大規模なエンタープライズネットワーク事業者がそれに加わることになる。こうした提携によって、AWSはハイブリッドクラウド導入を進めるエンタープライズや、ワークロードをパブリックサービスに移行する企業の間で容易に地位を確立できるようになる。

 AT&TとAWSの提携は以下のようなものとなる。

 ネットワーク統合:AT&Tの「NetBond」はAWSへのセキュアなプライベードネットワーク接続を構築するプラットフォームだ。セキュリティと性能を改善し、視覚化や自動化を実現する新たなソリューションを両社が連携して構築することを視野に入れている。NetBondのエコシステムには、AWSのほかIBM、Salesforce、Microsoft、Box、VMwareなども含まれる。


 IoT:AWSとAT&Tは、AT&Tのネットワークにあるセンサがデータをシームレスにクラウドに送れるよう事前設定するという。2900万台のコネクテッドデバイスを有するAT&TのグローバルネットワークとAWS IoTの統合を実現する。

 セキュリティ:AT&TとAWSは、双方の脅威のデータや知識を組み合わせ、セキュリティプラットフォームを強化する。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]