編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:MAツールのいま
「これからの企業IT」の記事はこちら
ユーザー体験と内製化の関係

最高のユーザー体験を創出するための内製化--マネーフォワードの開発体制 - (page 3)

浅野 千尋

2016-10-20 07:00

 常にそこにビジョンがある、そういう文化をチームに根付かせ、チームの規模が大きくなっても方向がぶれずにユーザーのことだけを考え続けられるようになります。

 ちなみに、私自身は、創業当初より技術によって世の中をより良くしていきたいというビジョンを持っています。そのため、私たちが開発しているサービスは、そのビジョンを達成するための手段だと考えており、何かに行き詰った時は、サービス開発が目的化していないのか、少しでもビジョンからズレが生じていないかを確認するようにしています。そうすることで、しっかりとユーザーの方を見ているのか、立ち返えられるようになります。

プライドを持った仕事をできているか

 最後に、内製化された社内開発チームに求められるスタンスとして、プライドを持って仕事をする、というものがあります。

 自社サービスの開発はとても自由度が高いです。自分達で仕様を決められますし、ユーザーフィードバックを受けて高速にPDCAを回すこともできます。ただ、自由と責任は同じだけ存在しなければいけません。いつでも変更できるからといってクオリティの低いものをリリースするといったことは許されません。そこに関しては、チームの一人ひとりの意識を高いレベルで保ち続けることが必要になってきます。

 ソフトウェアエンジニアであればIDEが発する警告を無視していないか、開発速度を優先して他のコードをコピペして済ませていないか、リファクタリングを後でまとめてやろうとしていないか、などの日々のひとつひとつの行動に責任感が表れてきます。

 自分に求められている責任をしっかりと果たすだけでなく、より高い目線を持って自らの行動を改善し続けるという意識そのものが「プライド」を持つということだと考えています。

 われわれは、これまで挙げたような、「Technology Driven」と「User Focus」という指針に沿った行動をすること、「Vision」を中心とした文化を自らも創りだすこと、「プライド」を持って仕事をすること、という人物像を求めています。一人ひとりがこれらの意識を徹底することで、最高のチームワークを発揮できるようになります。

 今後の連載では、上記を体現しているメンバーがより具体的なプロセスについて、紹介していきます。

浅野 千尋
株式会社マネーフォワード 取締役 CTO
2008年 早稲田大学大学院基幹理工学研究科情報ネットワーク専攻修了。2006年 トレード・サイエンス株式会社を設立。数理研究開発部長を経て、チーフアルゴリズムアーキテクトに就任。金融市場分析プラットフォーム開発、アルゴリズム研究開発業務に注力。 2010年 金融市場分析部門を独立させ株式会社インテリジェント・シープを設立。機関投資家向け金融ITコンサルティング業務に注力。2012年 株式会社マネーフォワードCTOに就任。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. セキュリティ

    Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス

  4. セキュリティ

    「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ

  5. クラウドコンピューティング

    データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]