編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

日立、RHEL on Azureベースのアプリ開発環境「Justware統合開発環境Azure版」を販売開始

ZDNet Japan Staff

2016-10-11 11:37

 日立製作所は、Microsoftのパブリッククラウド「Microsoft Azure」上の仮想マシン(VM)に対応したアプリケーション開発環境サービス「Justware統合開発環境Azure版」の販売を10月11日から開始した。料金は個別見積もり。提供開始は11月10日を予定する。

 Justware統合開発環境Azure版は、Azure上のVMで動作するRed Hat Enterprise Linux(RHEL)ベースの環境に対応した統合開発環境。アプリケーション構築プロジェクト期間中、利用者数のピーク時の負荷に即時に対応してスケールする。

 また、RHEL上に実装されているコンテナプラットフォームOpenshift Container Platformによるコンテナテクノロジを活用できる。大規模なアプリケーション構築プロジェクトでは、特にテスト期間に環境不足が多発する。これは、進捗差異や仕様変更を取り込むタイミングの差異などによって、チーム間で使用するライブラリのバージョン差異が生じるためだ。コンテナを活用することで、チームごとに必要なバージョンで構築されたテスト環境が実現できるようになる。


Justware統合開発環境Azure版

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]