編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

インターコム、「まいと~く VoiceFAX Center」最新バージョンを発表

NO BUDGET

2016-10-12 16:10

 インターコムは10月7日、ノンプログラミングで音声応答フローを作成できる音声応答(IVR)・FAXシステム構築ソフト「商品名:まいと~く VoiceFAX Center」の新バージョンVer.1.70を、10月31日より提供開始すると発表した。本バージョンでは、LAN接続用通信ハードウェアを同梱したラインアップが追加され、IaaS型パブリッククラウドサービス上やサーバー仮想化環境でのシステム構築に対応する。新たに追加されるラインアップの価格は、4回線版 NW用 1年保守付きパックが137万5000円、4回線版 NW用 5年保守付きパックが242万5000円(いずれも税別。ソフトウェアに加えLAN接続用アナログ4回線音声/FAX応答対応ハードウェア1台と保守サポートサービスを含む)。


クラウド(IaaS)環境でのシステム構成イメージ

 Ver.1.70の主なポイントは以下の通り。

  • クラウド(IaaS)やサーバ仮想化環境でのシステム構築が可能に
  •  LAN接続用通信ハードウェアを同梱したラインアップを追加し、IaaS型パブリッククラウドサービスやサーバー仮想化環境で、音声応答(IVR)・FAXシステムを構築できるようになった。サーバの導入コストや運用コストなど、TCO(Total Cost of Ownership)最適化を実現。

  • 通信ハードウェアの分散設置で電話・FAX通信コストを削減可能に
  •  追加ラインアップでは、各拠点に通信ハードウェアのみを分散設置できるようになった(最大4拠点)。拠点ごとに電話回線を引くことで、市内電話料金などの安い通話料でフリーダイヤルやFAXを使用でき、回線集約型のシステム構成に比べて通信コストを大幅に削減できる。

  • Windows 10対応、比較的低価格なパソコンでシステム構築が可能に
  •  本バージョンではWindows 10 Pro(64ビット版および32ビット版)に対応。サーバOSだけでなく、最新のクライアントOSに対応し、比較的低価格なパソコンでのシステム構築が可能。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]