編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

レッドハット、「Ansible Galaxy」をオープンソース化

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-10-12 12:38

 Red Hatは米国時間10月11日、構成管理ツール「Ansible」のロールを管理するサービスである「Ansible Galaxy」のコードリポジトリをオープンソース化したと発表した。Linux分野の大手である同社はクラウド分野の雄になりたいと考えているものの、オープンソース企業という自社のルーツを忘れてはいないようだ。

 Ansible Galaxyは、Ansibleのロールをコミュニティーで共有するためのハブだ。ロールは、システム管理者のタスクをいつでも実行可能なかたちであらかじめパッケージ化したものだ。例えば、クラウド上の「Red Hat Enterprise Linux」(RHEL)や「Fedora」「Ubuntu」といったサーバで動作する「nginx」ウェブサーバを設定したいと考えてほしい。この場合、手作業で設定を行うのではなく、オープンソース化されている「nginxロール」を選ぶだけで済む。ややこしいところは何もない。

 Ansibleのロールは、より正確に述べると、プロセスの再利用やリファクタリング、共有が容易になるよう構造化された、コンテンツのディレクトリだ。これらはチームや組織、環境をまたがった高いポータビリティも有している。またAnsibleのロールはAnsibleの機能を表す「共通の言語」として振る舞い、変数やハンドラ、ファイル、テンプレート、タスク、モジュールを含めることもできる。

 Ansible Galaxyのオープンソース化によって、Ansibleのロールを共有するためのリポジトリが入手できるようになった。Red Hatが公開しているGalaxyサービスを利用するのではなく、独自のプライベートなGalaxyサーバを設置できるのだ。そして、そのGalaxyリポジトリには、ネイティブなAnsible Galaxyクライアントを使ってアクセスできる。さらに開発者やシステム管理者は、新たな機能や拡張をAnsible Galaxyのコードベースに直接登録できるようにもなる。

Ansible Galaxy

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]