編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

ブイキューブ、H3Dと業務用ドローン分野で提携

NO BUDGET

2016-10-15 07:00

 ブイキューブロボティクス・ジャパンは10月11日、シンガポールのH3 Dynamics(H3D)と、業務用ドローン分野における戦略的パートナー提携を締結、H3Dの提供する「DRONEBOX(ドローンボックス)」の国内独占販売を開始すると発表した。


DRONEBOX製品イメージ

 DRONEBOXは、ドローン本体に加えて、離着陸や充電に対応する基地が一体となったシステム。あらかじめ設定されたルートへの全自動飛行が可能なことから、ドローンを操縦するオペレーターの配備が困難だったエリアや用途へのドローンの配備が可能という。

 DRONEBOXの主な特徴は以下の通り。

  • 45分の飛行時間を実現した機体
  • 自動離着陸・自動充電・自動データリンクを可能としたドローン基地
  • あらかじめ設定されたルート・スケジュールに基づいた定期自動巡航

 今回の提携を通じて両社は、日本独自のマーケットニーズに対応する共同開発にも取り組み、業務でのドローン活用を広げていく。特に自治体による災害対策や企業における定期点検業務、施設の保安警備業務などに向けて、最適なソリューションを提案するとのこと。

 提携の内容はDRONEBOXの日本国内独占販売や、日本市場向けDRONEBOX関連の共同開発という。H3Dとブイキューブロボティクス、それぞれの持つドローンを利用した映像コミュニケーション技術、ドローンの自動運用技術・電池開発技術(水素燃料電池により、将来的には3~4時間の飛行が可能)を融合させ、さまざまなな業務分野で活用できる製品やサービスを共同で開発するとした。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]