編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

富士通、オールフラッシュアレイの新シリーズ2機種を全世界で販売開始

NO BUDGET

2016-10-14 17:11

TechRepublic Japan関連記事

 富士通は、10月12日、オールフラッシュアレイの新シリーズ「FUJITSU Storage ETERNUS AF series」(以下、ETERNUS AF series)の「ETERNUS AF250」および「ETERNUS AF650」の2機種を全世界で販売開始すると発表した。

 ETERNUS AF seriesは、SSD搭載に特化した専用設計のストレージ装置。格納されたデータの重複を削減し、保管や転送を効率化する重複排除・圧縮技術を実装している。また、I/O負荷が高い用途でも、0.5ミリ秒の低レイテンシを実現している。


ETERNUS AF250

ETERNUS AF650

 重複排除・圧縮技術では、ストレージ内のデータをリアルタイムで削減する。典型的な利用用途でもSSDの容量を約75%削減し、格納効率を大幅に高める。また、この機能により書き込み量自体を抑制でき、SSDの長寿命化にも貢献する。この技術は、業務ごとに設定が可能なため、高速処理など性能を最優先する業務では無効にしたり、データの重複が多い業務では有効にするといった使い方ができる。

 さらに、不要となった領域の配置最適化を行うSSD特有の挙動であるガベージコレクション実行時の性能安定化処理や、書き込み処理性能の最適化 、SSDにあわせたブロックサイズの最適化とエラー検知などを実装している。

 また、ハードディスクドライブを搭載した従来型ストレージ「FUJITSU Storage ETERNUS DX series」の技術をベースに開発しているため、「ETERNUS DX series」を導入済のユーザーは、新たな操作を習熟する必要はない。

 このほか、複数方法のバックアップコピー作成機能や、大規模災害などによる筐体全損時でもデータを守る2方式の遠隔コピーを作成する機能、複数業務の相互干渉による性能ブレを抑制するQoS機能などを実装している。

 最小構成標準価格(税別、ETERNUS AF250, 400GB SSD x2, iSCSI x4port)は、339万2000円から。提供時期は、2016年10月31日としている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]