編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

コンバージドインフラで関係を深めるピュア・ストレージとシスコ

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-10-14 11:47

 オールフラッシュのストレージシステムを専門とするPure Storageは、Ciscoとの提携の下、コンバージドインフラストラクチャソリューション「FlashStack」を拡充したと発表した。

 DellとEMCがDell Technologiesとしてスタートした中、PureとCiscoの組み合わせは興味深い。Dell EMCはDell Technologiesの大規模なハイエンド向けのエンタープライズ技術ブランドとなる。

 CiscoとEMCは、VMwareとともにコンバージドインフラを提供する合弁企業VCEで協業関係にあった。Ciscoは現在もDell EMCと提携関係にあるが、コンバージドシステムのコンピューティング部分はDellのサーバが受け持つと想像できる。

 それを考慮すると、CiscoがNetAppやPureのような独立系ストレージプロバイダと手を組むことは今後さらに重要になる。Pureにしてみれば、Cisco Validated Design(CVD)プログラムに参加することでSSDベースのデータセンターに移行する企業への導入を拡大できることになる。また、Dell EMCとの対抗で大きなパートナーを獲得することにもつながる。

 Pureでチャネルとアライアンス担当バイスプレジデントを務めるMichael Sotnick氏によると、自社とCiscoの結びつきは2014年12月の提携発表以来強まっているという。

 このたび、Cisco Validated Design(CVD)の認定を受けたFlashStackソリューションは、Pureの「FlashArray//m」システムと、Ciscoの「Unified Computing System(UCS)」と「Nexus」スイッチを組み合わせたものだ。以下がCVDとして検証済みのFlashStackとなる。

  • 「FlashStack Mini」はFlashArray//m10とCisco UCS Mini、ファブリックインターコネクトを組み合わせたものだ。仮想化ソフトのオプションはVMwareまたはMicrosoftがある。
  • 最大5000ユーザーのエンタープライズ仮想デスクトップ実装向け「FlashStack with VMware Horizon」も、CVDに認定された。
  • 「FlashStack Data Center for Oracle Database 12c」では、Oracleの12.1.0.2データベースと4ノード/8ノードのReal Application Clusterで検証が行われた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]