編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら
Gartner Symposium

日本はERPへの投資が大きくデジタルへの投資が低い--米ガートナーのCIO調査 - (page 2)

日川佳三

2016-10-18 07:00

日本はERP投資を減らしてデジタル化へと振り分けよ

 デジタルビジネス関連を含めて、どのIT領域に投資しているかも調査した。先進企業は「BI/アナリティクス」が47%で1位となった。2位は34%の「クラウドサービス/ソリューション」、3位に20%で「デジタル化/デジタルマーケティング」と「インフラストラクチャとデータセンター」が同着となった。

 日本はクラウドサービス/ソリューションが1位で47%を占めた。2位はBI/アナリティクスの29%、3位は26%で「ERP」となった。

 グローバルの先進企業と日本企業を比べた時に、際立った違いがある。デジタル化/デジタルマーケティングへの投資と、ERPへの投資だ。

 デジタル化/デジタルマーケティングは、先進企業が20%と高水準であるのに対して、日本企業は3%と著しく低い。一方のERPは、先進企業は8%と著しく低いのに対して、日本企業は26%と高水準だ。

 「日本はERPへの投資が大きく、デジタル化/デジタルマーケティングへの投資が低い。これは大きな問題だ。ERPへの投資を減らして、浮いた分をデジタル化/デジタル・マーケテイングに回せないだろうか」(Andy氏)

 長谷島氏は、日本企業がERPに投資し続けなければならない理由の1つとして、いまだにグローバル化や標準化の途中段階にある企業が多いことを指摘した。すでにERPの導入と利用が一巡しているグローバル企業とは位置付けが異なると見ている。

日本はビジネスを加速しようとは思っていない傾向がある

 デジタルエコシステムの実践に当たって、企業組織はどう変わるのか。Andy氏は、バイモーダル(2つの流儀)の導入が増加すると指摘する。コスト対効果を追求するモード1のスタンスと、市場でのチャンスを取り込むスタンスのモード2を、システムに応じて使い分けて両立させる考え方だ。

 「モード1は、昔ながらのプロセスややり方を重視する侍だ、モード2は、ビジネス価値を生む結果を重視する忍者だ。これらが同じ場所に同居している」(Andy氏)

 バイモーダルのアプローチを活用していると回答した日本企業は38%と、決して悪くない数字だ。先進企業は68%で、グローバル平均は43%だが、1年前の2016年版のグローバル平均は今回の日本企業と同じ38%だった。

 ただし、バイモーダルによって期待できるメリットについて聞いたところ、日本企業には大きな問題があることが分かったという。

 先進企業の71%が指摘した「イノベーションが活性化」を指摘した日本企業は、24%しかいない。先進企業の58%が指摘した「市場投入までの期間の短縮」を指摘した日本企業は、18%しかいない。つまり、「バイモーダルによってビジネスを加速しようとは考えていない傾向にある」(Andy氏)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]