編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧
調査

悪質なWSFを添付したメールでランサムウェア拡散図る例が急増--シマンテック - (page 2)

Danny Palmer (ZDNet UK) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2016-10-19 06:30

 10月の初めには、「Travel Itinerary」(旅行日程)という表題の電子メールがわずか2日間の間に130万通以上ブロックされている。この電子メールは、最近予約した飛行機の情報を含んでいると称する.zipファイルをユーザーにオープンさせようとする。しかし、実際にはWSF形式のファイルが含まれており、実行を許可するとPC上にLockyをインストールしようとする。


WSF形式のファイルを用いたランサムウェアが含まれた電子メール
提供:Symantec

 サイバー犯罪者が偽の予約確認や、旅行会社からの電子メールを装ってユーザーにランサムウェアをインストールさせようとするのはこれが初めてではない。

 サイバーセキュリティ分野においてランサムウェアが2016年最大の脅威になっているにもかかわらず、こういった悪意のあるソフトウェアを送り込む手段がWSFファイルに変化しつつあるのは、背後にいる人物らが現状に飽きたらず、できる限り多くのPCを感染させる方法を見つけ出そうと試行錯誤していることを意味している。実際、クラウドを通じて感染するランサムウェアも確認されている。

 サイバーセキュリティ研究者らは無償の暗号解読ツールを公開することである程度、ランサムウェアの脅威に対抗してきているが、こうした脅威はいまだに大きな問題の元凶となっている。ランサムウェア攻撃の被害額は2016年に総額で10億ドルに達するのではないかという予測もあり、研究者らはこの問題が大きくなる一方だと警鐘を鳴らしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]