編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

富士通と富士通SSL、エンドポイントセキュリティ対策サービスを提供開始

NO BUDGET

2016-10-17 17:54

TechRepublic Japan関連記事

 富士通と富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(富士通SSL)は10月14日、「マルウェア侵入経路追跡サービス」を提供開始した。エンドポイントの標的型攻撃対策ツール「FFR yarai」とマルウェア侵入経路追跡ソフトウェア「SML」を連携させる。導入支援から運用管理、セキュリティ監視、セキュリティ対策の改善までを一括して提供する。

 FFR yaraiが未知のマルウェアやアプリケーション脆弱性を突いた攻撃からエンドポイントをリアルタイムに防御しながら、SMLでエンドポイントの動作ログを収集分析する。攻撃の侵入経路や拡散状況を特定し、富士通SSLのセキュリティ監視センター(SOC)で蓄積しているインテリジェンス情報とログ情報を照合、調査結果の報告と包括的な改善案を迅速に提案する。

 富士通と富士通SSLでは、ネットワークとエンドポイント双方のセキュリティ対策を包括的に提供し、利用企業のセキュリティ対策チーム(Computer Security Incident Response Team:CSIRT)運用を支援していく。

 税別価格は、エンドポイント機器が1000台で月額80万円から(別途ツールライセンスが必要)。

マルウェア検出時の対処手順
マルウェア検出時の対処手順(富士通提供)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]