編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

CData、データベースからウェブAPIを自動生成するサーバーツールを公開

NO BUDGET

2016-10-18 07:30

 CData Software Japanは10月14日、データベースからウェブAPIを自動生成する「CData API Server」のベータ版を公開したと発表した。製品版のリリースは2016年度内を予定している。

 CData API Serverは、業界標準となりつつあるOpen APIベースのREST APIをプログラミング不要で公開管理するツール。企業のAPIエコシステム参入のボトルネックとなっている、REST APIのデザインや安全な公開、管理に関する技術的な障壁を低くする。

 CData API Serverを利用することで、自社サービスのAPIを安全確実にユーザーや外部に公開できるようになる。利便性の向上だけでなく、サードパーティーのオープンイノベーションを自社サービスに取り込むことも容易になる。

 例えば、Microsoft FlowなどのAPI連携サービスや、クラウドビジネスインテリジェンス(BI)、データ連携ツールを自社データに迅速に利用できるようになる。さらに、企業内のシステム間、または企業とパートナー間でのセキュアなデータ連携についても、適切な管理を実施しながら行えるようになる。

CData API Serverの利用概要
CData API Serverの利用概要(CData Software Japan提供)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]