編集部からのお知らせ
動画セミナー「Security Trend Winter」公開中!
最新記事まとめ「医療IT」
日本株展望

誰が買って誰が売る?--日本株の需給を読む - (page 3)

ZDNet Japan Staff

2016-10-18 11:42

本レポートの注釈

 やや専門的になるので、途中では説明しなかった2つの注釈をここに載せる。

【注1】個人投資家の売買差額を見る時、注意すべきこと

 個人投資家は、新規公開株を引き受けて、市場で売却することが多いが、この場合、新規公開株の引き受けは買いに含まれず、市場での売却だけが、売りにカウントされる。

 そのため、個人投資家の売り越し額は、実態よりも大きく出ている。たとえば、2015年は、4兆9995億円の売り越しとなっているが、この年は郵政3社の新規公開があり、個人投資家は公募株を取得しているので、実際の売り越し額はここまで大きくはなかった。

【注2】日銀のETF買いは主体別売買のどこに表れるか

 日銀が信託銀行にETF買いを注文した後、どのように買いが執行(ETFを新規に組成)されるかは開示されていない。

 ETF組成に必要な証券取引所での現物株の買いは、信託銀行の買いとして反映される場合が多いと考えられる。ただし、証券自己の買いとして表れることもあると考えられる。

参考記事

 過去記事は、キーワード「日本株展望」から読めます。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]