編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
日本株展望

外国人の売買動向を見て、投資に生かす方法

ZDNet Japan Staff

2016-10-19 12:16

今日のポイント

  1. 日経平均の上昇下落がほとんど外国人の売買で決まる状況が25年あまり続いている。外国人の売買にあわせて動くことが成功につながりやすい。ただ最近は公的年金と日銀が外国人と並ぶ大きな影響を日本株市場に与えるようになっていることも勘案する必要がある
  2. 東証が公表する主体別売買データで外国人の売買動向を知ることができるが欠点は発表まで1週間弱かかることだ。東証データに加えて市場のうわさや相場つきを見ながら外国人の売買を推定する必要がある

 これら2点について楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏の見解を紹介する。

2016年の外国人の売買動向

 前回、日本株の短期的な動きを決めているのが外国人投資家であること、短期的な相場予測には外国人売買の読みが重要であることを書いた。今回は外国人の売買動向を知るには、具体的にどこを見たらよいか解説する。

 その前にまず、2016年の外国人投資家の売買動向(週次データ)を見てみよう。

日経平均と外国人の日本株売買動向(株式現物と日経平均先物の合計):2016年1月4日~10月18日)

(出所:東証データより楽天証券経済研究所が作成、外国人売買動向は株式現物および日経平均先物の合計、プラスは買い越し、マイナスは売り越しを示す)
(出所:東証データより楽天証券経済研究所が作成、外国人売買動向は株式現物および日経平均先物の合計、プラスは買い越し、マイナスは売り越しを示す)

 上のグラフは、外国人の株式現物と日経平均先物を合計した売買動向を示している。ご覧いただくと分かる通り、日本株の上昇下落が、ほとんど外国人の売買で決まっている。このように外国人の売買で日本株の動きが決まる状況が25年あまり続いている。

 ただし、最近、外国人と並んで日本株の動きに大きな影響を与える主体が現れている。それが公的資金(公的年金と日銀)だ。

 2016年の日経平均はほとんど外国人の売買で動いている。ところが、よく見ていただくとそうとも言えない部分がある。それが、上のグラフで赤い矢印をつけたところだ。2月後半は外国人が大幅に売り越している中で日経平均が急反発している。公的年金と日銀の買いが反発の要因となったと思われる。

 また、2016年9月は外国人が大量に売っている割に日経平均は底堅い動きとなった。日銀が日本株ETFを8303億円買いつけたことが相場を下支えした。

 10月第1週(3~7日)は、外国人が株式現物および先物を買い越したことが、日経平均が一時1万7000円を回復する原動力となった。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]