日本株展望

外国人の売買動向を見て、投資に生かす方法

ZDNet Japan Staff 2016年10月19日 12時16分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日のポイント

  1. 日経平均の上昇下落がほとんど外国人の売買で決まる状況が25年あまり続いている。外国人の売買にあわせて動くことが成功につながりやすい。ただ最近は公的年金と日銀が外国人と並ぶ大きな影響を日本株市場に与えるようになっていることも勘案する必要がある
  2. 東証が公表する主体別売買データで外国人の売買動向を知ることができるが欠点は発表まで1週間弱かかることだ。東証データに加えて市場のうわさや相場つきを見ながら外国人の売買を推定する必要がある

 これら2点について楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏の見解を紹介する。

2016年の外国人の売買動向

 前回、日本株の短期的な動きを決めているのが外国人投資家であること、短期的な相場予測には外国人売買の読みが重要であることを書いた。今回は外国人の売買動向を知るには、具体的にどこを見たらよいか解説する。

 その前にまず、2016年の外国人投資家の売買動向(週次データ)を見てみよう。

日経平均と外国人の日本株売買動向(株式現物と日経平均先物の合計):2016年1月4日~10月18日)

(出所:東証データより楽天証券経済研究所が作成、外国人売買動向は株式現物および日経平均先物の合計、プラスは買い越し、マイナスは売り越しを示す)
(出所:東証データより楽天証券経済研究所が作成、外国人売買動向は株式現物および日経平均先物の合計、プラスは買い越し、マイナスは売り越しを示す)

 上のグラフは、外国人の株式現物と日経平均先物を合計した売買動向を示している。ご覧いただくと分かる通り、日本株の上昇下落が、ほとんど外国人の売買で決まっている。このように外国人の売買で日本株の動きが決まる状況が25年あまり続いている。

 ただし、最近、外国人と並んで日本株の動きに大きな影響を与える主体が現れている。それが公的資金(公的年金と日銀)だ。

 2016年の日経平均はほとんど外国人の売買で動いている。ところが、よく見ていただくとそうとも言えない部分がある。それが、上のグラフで赤い矢印をつけたところだ。2月後半は外国人が大幅に売り越している中で日経平均が急反発している。公的年金と日銀の買いが反発の要因となったと思われる。

 また、2016年9月は外国人が大量に売っている割に日経平均は底堅い動きとなった。日銀が日本株ETFを8303億円買いつけたことが相場を下支えした。

 10月第1週(3~7日)は、外国人が株式現物および先物を買い越したことが、日経平均が一時1万7000円を回復する原動力となった。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算