「作らない社内システム」

システムを作らずにSaaSを使い倒す--セキュリティを強化するID管理 - (page 2)

宮澤 慶

2016-10-25 07:00

シングルサインオンサービスの検討

 シングルサインオン(SSO)とは、一度のユーザー認証だけで、独立した複数のウェブサービスを利用できる仕組みです。この仕組を利用することで、ユーザーはSSOサービスにログインすることで、他のグループウェアなどのサービスを利用できるようになります。

 つまり、ユーザーは1つのIDのみを管理するだけで、会社で利用している複数のサービスを利用できるようになります。

(SSO)

 しかし、SSOをただ導入するだけでは、ユーザーの利便性が上がるだけで、いくつかのセキュリティ的なリスクが有るということを忘れてはいけません。

 例えば、シングルサインオンのサービスのユーザーIDなどが漏えいしてしまった場合、そのユーザーIDを利用してログインされてしまうとどうなるでしょう。そのユーザーがアクセスできるサービスからの情報漏えいのリスクは想像に難くありません。

 そのため、われわれは、サービスを検討する上で、ユーザーの働きやすさを維持しつつ、セキュリティを強化することを考え、以下の5つの条件を満たすことができるサービスを探しました。

  • 自社で既に利用しているクラウドサービスで利用できるか
    →さまざまなクラウドサービスで利用できるか
  • 適切に権限管理を実施できるか
    →適切なユーザーに必要最低限のアクセス権限
  • パスワードポリシーを適用できるか
    →ユーザーがサービスに設定するためのパスワードポリシー
  • 2段階認証ができるか
    →本人確認デバイスによるSSOサービスへのログイン
  • 監査ログが残るか
    →どのユーザーがいつ、どのサービスを利用したかなどの証跡管理

 これらの条件すべてを満たすサービスは「OneLogin」でした。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]