編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール
ITは「ひみつ道具」の夢を見る

ドラえもんが誕生する世界のために(前編)--「未来デパート」としてのGoogle - (page 2)

稲田豊史

2016-10-22 07:00

 現代人は、テクノロジの良し悪しをスペックだけで判断しないのだ。そのテクノロジが自分にとってどれだけロマンチックか、この世界にどんな素晴らしい物語をもたらしてくれるか。判断基準はそこにある。ゆえにそのヒントは、IT分野の一線で活躍する3、40代の技術者・研究者が、かつて親しんだアニメやマンガという「物語」のなかにありそうだ。

 本連載ではその「物語」を今一度参照することで、ワクワクするITガジェットの活躍する未来について、想いを馳せてみたい。

Googleが実現した「未来デパート」

 というわけで、今回は「未来デパートとしてのGoogle社」と銘打ってみた。「未来デパート」とは、ドラえもんがひみつ道具を購入する22世紀のデパートのこと。作中でもたびたび、配達員が時空を超えてのび太の部屋に配送するばかりか、開発中の試供品を送りつけてくることもある。

 結論から言えば、Googleはいわば「21世紀の未来デパート」である。『ドラえもん』に登場するひみつ道具のいくつかを、ほぼ現実化・商品化しているからだ。


Google Earth

 たとえば、30年以上前に描かれた「トレーサーバッジ」(*1)というエピソードは、のび太がジャイアンたちにクローバーやダイヤといった形の「トレーサーバッジ」を身につけてもらい、「レーダー地図」で町内にいる彼らの位置を把握するというもの。

 現在で言うなら、「トレーサーバッジ」は位置情報を発信する発信機、「レーダー地図」はGoogle Mapを表示できるタブレット型端末にあたる。要は発信機の位置情報を、GPSで追尾しているというわけだ。iPhoneの盗難・紛失用アプリ「iPhoneを探す」を使えば、iPhoneを位置情報発信機として、ほぼ同様のことができる。

 しかも、作中の「レーダー地図」に描かれた町内の地図は非常に簡略化されたものだったが、現在のGoogle MapやGoogle Earthは、「レーダー地図」とは比較にならないほど地図上の情報量が多い。その意味では、Google社の技術は22世紀のそれを超えている。

 『ドラえもん』には、トレーサーバッジとレーダー地図に類する道具の登場が少なくない。「ポラマップスコープとポラマップ地図」(*2)、「この道トーリャンセチャート」(*3)などは、ほぼ同じ機能を持っている道具だ。

 作者の藤子・F・不二雄の志向もあるだろうが、「いち個人が神の視点で世界を見渡す」類いの全能感には、時代を超えて人を引きつける魅力があるということだろう。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]