編集部からのお知らせ
(記事集)ニューノーマルで伸びる業界
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧
日本株展望

日経平均の先行きをチャートを見て考える(その2) - (page 2)

ZDNet Japan Staff

2016-10-24 11:18

B社チャートはA社チャートの逆さチャート

 気付いた方もいらっしゃるだろうが、B社チャートは、A社チャートの上下をひっくり返して作ったものだ。上下対称になっている。したがって、テクニカル分析をすると、A社とB社の判断は完全に正反対になる。

 A社は「上昇トレンドが終わり下げトレンドが始まるかもしれない」チャート、B社は「下落トレンドが終わり上昇トレンドが始まるかもしれない」チャートに見える。

 さらに種明かしをすると、B社チャートは日経平均だ。日経平均の現状の姿を純粋にチャートだけから考えていただきたかったので、まわりくどい説明をした。

 チャートを見るとき、チャートだけを純粋な目で見られる人は稀だ。チャートを見る前に、ほとんどの人が何らかの「先入観」を持っている。どうせ下がるだろうとか、どうせ上がるだろうとか先入観があるのが普通だ。先入観が強すぎると、チャートを見ていて見ていない状態になる。

 先入観なくチャートを見るために、窪田氏はいつも、銘柄名を消して“逆さチャート”にして見ることを薦めているという。

 銘柄名が見えると、どうせ駄目とかきっと上がるとか、銘柄名から連想される先入観が入ってくる。だから銘柄名を消す。また、逆さチャートにすると、相場に対する強気・弱気バイアスを消すことができる。

 銘柄名を消して逆さチャートにすると、銘柄や相場感に邪魔されずに、チャートを純粋に見ることができる。この方法は、窪田氏がファンドマネージャー時代に実際にやっていたことだ。

 毎週、週足チャートブックを見ていたというが、迷うときは時々チャートブックを逆さにして見ていたという。逆さにすると、銘柄名がちょうどよく見えなくなる。そうしておいて、買いに見えるチャートは売り、売りに見えるチャートは買いと判断すべきことがわかる。

 今回の一番重要なポイントは、最初のA社チャートを見て、読者の皆様がどう感じたかだ。下がりそうと思ったならば、日経平均のチャートを先入観なく見れば、上がりそうと感じていることになる。

 現在の日経平均チャートは、下げトレンドが終わりつつあることを感じさせる。ただし、まだ(1)売買高が盛り上がりを欠くこと、(2)13・26週移動平均線が完全に上向きにはなっていないこと、(3)2016年に入ってから形成しているボックスの上値を抜けていないことから、明確な上昇トレンドに入ったとは言えない。

 日経平均の先行きはもちろん、チャートだけで決まるものではない。今後とも、日経平均のチャートに加え、日米金融政策の方向性、為替の動き、企業業績の推移を見ながら、相場の先行きを考えていきたい。

空売りポジションを持つのはリスクが高い

 チャートを見てじっくり考えるべきときは、以下の2つだ。

  1. 強気の投資家が多いのに、日経平均チャートに弱気の兆候が出ている時
  2. 弱気の投資家が多いのに、日経平均チャートに強気の兆候が出ている時

 今は2.に該当すると考えられる。市場に弱気の投資家が多く、空売り残高が積み上がってきている。ところが、日銀が日本株ETFを大量に買い続けていることに加え、日本株を動かす外国人投資家が10月から日本株を買い越しに転じたために、チャートは強含んでる。窪田氏は、ここは日本株の買い増しを検討してよいと話す。少なくとも、空売りを積み上げたり、持ち株をどんどん売っていくべき局面ではないだろう。

 もちろん、チャートだけで日経平均の先行きがわかるわけではない。ここから突拍子もない悪材料が出て、日経平均が急落する可能性もありうる。相場の先行きに思い込みは禁物だ。いつもたくさんの不透明材料がある中で、判断しなければならないのが相場だ。

 チャートの兆候は日々変わるので常に注意して見ていなければならないが、現時点で底打ちの兆しがあることは頭に置いておくべきだろう。

 過去記事は、キーワード「日本株展望」から読めます。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]