調査

選択肢はパブリッククラウドのみならず--成長するプライベートクラウド市場 - (page 2)

Conner Forrest (TechRepublic) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2016-10-31 06:30

 パブリッククラウドとプライベートクラウドをめぐる議論はいまだ数多くなされている。Matt Asay氏は米TechRepublicの記事で、プライベートクラウドを使用し続ける企業は旧来の思考にとらわれており、市場の急速な変化の波に乗り遅れる可能性があると主張している。またKeith Townsend氏はハイブリッドクラウドに期待している人々に対して米TechRepublicの記事で、配備するだけの説得力ある理由はハイブリッドクラウドに存在していないと主張している。

 また、OpenStackは成長しているとはいえ、その規模はAmazon Web Services(AWS)のようなパブリッククラウドのリーダーや、VMwareといった仮想化分野の王者と比較すると見劣りするものとなっている。さらに451 Researchの発表によると、OpenStack配備の大半はいまだにテストと開発が中心になっているという。

まとめ

  1. 451 Researchの最新レポートによると、OpenStackを用いたクラウドの市場は2020年までに57億ドルに達し、プライベートクラウドがその伸びをけん引する。
  2. RightScaleの調査では、プライベートクラウドの配備が全般的に伸びており、企業にとっていまだに検討する価値が十分ある選択肢になっていることが示されている。
  3. プライベートクラウドは有用であるものの、市場の変化に追随できるかどうかや、統合ハイブリッドクラウド戦略に価値があるかどうかを疑問視する主張もある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]