編集部からのお知らせ
CNET_ID限定PDF「システム監視の新ワード」
注目の記事まとめ「Emotet」動向

情報漏えい製品市場が年平均10%超で成長--ミック経済研究所

NO BUDGET

2016-10-30 07:00

 ミック経済研究所は10月24日、情報漏えい防止型セキュリティ市場に関する調査を発表した。主要セキュリティ製品ベンダー、セキュリティサービスベンダー、総合ITベンダー94社を対象として、2016年4月から9月にかけて実施された。市場は2014年度が740億円強、2015年度が前年対比115.1%の850億円強、2016年度が前年対比111.9%の950億円強と予想されている。



内部漏えい防止型情報セキュリティソリューション市場規模推移

 近年の内部犯行による大規模な情報漏洩事件や標的型攻撃による情報漏洩事件の影響を受け、マイナンバーなどの重要なデータを保護しようとする機運が高まり、内部漏洩防止型情報セキュリティソリューション市場は、好調な伸びが続いている。その中でも、2014年の内部不正による情報漏えい事件以降、非常に高い伸びが続いているのがシステム証跡監査ツールで、2015年度は前年対比123.4%の15.3億円、2016年度は前年対比120.9%の18.5億円にと予想されている。またユーザー層も、セキュリティに厳格な金融機関だけでなく、他の一般企業にも広がってきているとのこと。


システム証跡監査ツール市場規模推移

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]