ARMがIoT対応の製品スイートを発表--デバイスの安全と管理にフォーカス

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2016年10月26日 12時41分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ARMがデバイス向けのチップ、セキュリティ技術、クラウド管理ツールなど、IoTに対応する製品スイートを発表した。スマートシティと大規模IoT実装に向けたもので、先ごろ多数のサイトをダウンさせたコネクテッドデバイスに向けたDDoS攻撃を考慮するとタイムリーな発表となった。

 ポイントは、ARMはセキュリティから設計まで完全なIoTポートフォリオを構築しているという点だ。CPU事業部のマーケティング担当バイスプレジデントNadan Nayampally氏は、「われわれのIoTスタックによりデバイスの安全性が確保され、さまざまなベンダーの資産、コード、データを保護できる」と説明する。

 ARMの開発者とエコシステムカンファレンス「TechCon 2016」で、ARMは次のような発表をした。


  • IoTデバイス向けのプロセッサCortex-M23と同M33。小さく、消費電力も低い。セキュリティ基盤TrustZoneを搭載したARMv8-Mアーキテクチャをベースとする。
  • TrustZone CryptoCellテクノロジ。CryptoCell-312技術によりコードとデータの安全性が強化される。設計チームはセキュリティを組み込むことができ、差別化された製品開発にフォーカスできる。
  • Bluetooth、ZigBeeなどさまざまな標準をARMプロセッサに組み込むことができるCordio無線技術を使用したワイヤレスソリューション。
  • セキュアデバイス管理サービスのmbed Cloud。複数のクラウドに接続でき、任意のデバイスの管理とトランザクションを効率よく安全にできる。

 長期的には、mbed Cloudが最も大きなインパクトをもつ技術と思われる。IoT実装におけるデバイス管理は簡単ではない。さらには、ARMにとってより予測しやすい売り上げモデルに事業を多様化できる技術となる。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算