IBM World of Watson

WatsonのAIボットをクラウドで作成--カスタマー体験の新展開

怒賀新也 (編集部)

2016-10-27 00:24

 IBMは米国時間の10月25日、企業が顧客対応の質的向上を図るため、顧客と対話するボットをクラウド上で作成し、展開できるようにする機能「Watson Virtual Agent」を発表した。利用企業が、顧客の問い合わせに対して迅速に対応したり、潜在的な問題にリアルタイムで解決を図れたりできるようにする。

 IBMが10月24日から27日まで、ラスベガスで開催しているユーザーイベント「IBM World of Watson 2016」の基調講演で、StaplesやWeather Companyは、応用範囲が限られたツールの作成だけでなく、さまざまな顧客の要望に対応できる本格的な仮想エージェントを実現していることを示した。そうしたエージェントでは、顧客を支援するために利用できる自然言語の処理機能が鍵となる。

 一般に、仮想エージェントの作成モデルでは、熟練した技術を持つ開発者が、煩雑なカスタムルールに従って複雑なシステムを構築する必要がある。

 Watson Virtual Agentを活用すると、ユーザーは、業界間共通のコンテンツを含められるため、ボットをより迅速に展開できるという。これにより、熟練技術者と、正式なトレーニングを受けていないユーザーの両方が、作業プロセスを簡素化できるという。

 ガートナーは調査で「2020年までに、少なくとも80%の新たなエンタープライズ・アプリケーションでチャットボットが多用される見込み」と指摘。2021年までに、ほとんどの企業のIT部門が会話AIを優先して導入することになるという。現在のクラウドとモバイルを優先するトレンドは、2021年までに会話AI優先に取って代わられるという見通しを示している。

IBM Watson担当のジェネラル・マネージャーであるDavid Kenny氏
IBM Watson担当のジェネラル・マネージャーであるDavid Kenny氏

 IBMの会話機能を活用すると、ソーシャルメディアから、SMS、モバイルアプリケーション、ウェブサイト内に組み込む、あるいはロボティクスなどのその他のフォーム・ファクターに至るまで、あらゆるプラットフォームに簡単に展開できるソフトウェアを構築できる。

 IBM Watson担当のジェネラル・マネージャーであるDavid Kenny氏は「IBMの科学と研究の能力を活用してサービス向上が図られるにつれ、IBMの基盤は進化し続ける。会話の分野における技術の進歩をリードしており、すべて企業によるカスタマーエクスペリエンスの変革を手助けする」と話す。

 顧客とのより親密なやり取りを可能にするソリューションが構築できるため、顧客関係をより親密なものにできるとしている。

 StaplesやAutodeskのほか、Weather Companyなどの企業も、IBMの会話技術が組み込まれたアプリケーションやサービスを作成しており、それにより日常業務の合理化、カスタマーサービスの向上などを図っている。

Staplesの事例

 Staplesは、自社が展開するビジネス向け発注ソフトウェア「Easy System」でWatson Conversationを活用し、オンデマンド環境を顧客に提供している。いつでもどこでも、好きなデバイスにより注文できる環境を提供した。

 Watsonの機能を利用することでStaplesは、同社のEasy Button、アプリ、Facebookメッセンジャー、Slackbotを問わず、顧客にシームレスな注文インターフェースを提供できるようになった。同インターフェースでは、顧客のショッピングエクスペリエンスが簡素化するため、補充品を迅速に再発注したり、出荷品を追跡したり、カスタマーサービスの必要性についてチャットできるようになったとのこと。

StaplesのEasy Systemによりユーザーは補充品の発注などの作業を容易に実施できるようになる
StaplesのEasy Systemによりユーザーは補充品の発注などの作業を容易に実施できるようになる

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]