編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」
クラウドの値打ち

クラウドの先--「成果報酬型ITシステム」への道(前編) - (page 3)

戸賀慶 小原 誠

2016-11-07 07:00

 ITインフラストラクチャの標準と統合から、運用の自動化とオーケストレーション(運行と管理の自動連携)、サービス指向、そしてインテリジェンス(アナリティクスの手法に基づいた予防保守・運用手順見直しの提案・実施の自動化)と、ITインフラストラクチャの成熟度を段階的に高めていくことで、変革を成し遂げていく必要がある。

図3:ITインフラストラクチャの成熟段階モデル
図3:ITインフラストラクチャの成熟段階モデル

 ITインフラストラクチャのサービス利用、即ちクラウドの導入は、ITインフラストラクチャに変革を促す機会となり、また変革を加速し継続的に取り組むためのツールともなる。

 一方で、現場レベルでの開発環境へのクラウド導入や、社内システムの「基盤更改」や「コスト削減」だけを目的とした場合は、その効果を十分に得ることはできないだろう。

 事業戦略・計画に沿った、中長期的な視点を織り込んだ施策として「クラウドシフト」を推進するためには、IT部門はどのように「クラウド」を導入し、活用していくべきだろうか。後編で解説する。

戸賀 慶(とが けい)
アクセンチュア オペレーションズ本部 インフラストラクチャーサービスグループ シニア・マネジャー
サーバ、ネットワーク、ストレージなどのデータセンターテクノロジおよびクラウドを専門とし、現職では企業におけるインフラ全般の最適化に向けたコンサルティング、トランスフォーメーションを担当。 アクセンチュア ジャパンにおけるクラウドイニシアティブのリードとして、クライアント企業にクラウドの真の価値を届けるために日々、奔走。
小原 誠(こばら まこと)
アクセンチュア株式会社オペレーションズ本部 インフラストラクチャーサービスグループ マネジャー
サーバ、ネットワーク、ストレージなどのデータセンターテクノロジおよびクラウドに係るコンサルティング(戦略立案)からトランスフォーメーション(要件定義・設計・構築)まで、官公庁・自治体、製造業、サービス業、通信・ハイテク企業など業種を問わず担当。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]