編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

IBM、「SoftLayer」を「Bluemix」ブランドに統合

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2016-10-27 17:37

 IBMは「SoftLayer」ブランドを終了させ、同ブランドで提供していた仮想サーバ事業とベアメタルサーバ事業を「Bluemix」に統合する。Bluemixはこれまで、IBMのソフトウェア開発クラウドプラットフォームという位置づけだった。

 IBMがAmazon Web Services(AWS)やGoogleが提供するパブリッククラウドサービスに追いつくために、2013年に20億ドルでSoftLayerを買収してから、状況は大きく変化している。IBMはその後、「Cloud Foundry」ベースのPaaS(サービスとしてのプラットフォーム)である「Bluemix」の構築に十億ドル規模の資金を費やした。

 この2つは独立してはいるが、相互に関連する取り組みだった。しかし今後、SoftLayerの製品とツールは、Bluemixブランドに吸収されることになる。

 米国時間10月25日、IBMはこの移行に伴い、新しい統合クラウドプラットフォームについての発表を行った。顧客はBluemixとSoftLayerのすべてのアセットを、1つのIBM IDを使用して、1つのコンソールで管理できるようになる。

 IBMはSoftLayerのシステムや製品、サービス、サポートなどの実質的な内容は変更する予定はないが、移行に伴って名称の使用を取りやめ、SoftLayerブログもBluemixのドメインに移行する。

 SoftLayerのデジタルコンテンツディレクターKevin Hazard氏は、「今後数日、数週間、あるいは数カ月間で、これまで『SoftLayer』という言葉が使われていたところで『Bluemix』というキーワードを目にするようになるだろう。従来のSoftLayerのサービスとBluemixのサービスは、統合されたクラウドプラットフォーム上で提供されることになり、それらはすべてBluemixブランドで提供される」と述べている

 ブランドの統合に伴い、SoftLayerの顧客は、インフラやサービスに対する請求をまとめるためにSoftLayerとBluemixのアカウントをリンクするなど、いくつかの作業を行う必要がある。

 また、Bluemixのサイトや、SoftLayerがBluemixやIBMのWatson関連製品とどう統合されたかについて知る必要がある。統合された新しいBluemixのコンソールには、インフラ、アプリ、サービスなどのカテゴリが並んでおり、もはやBluemixが単なるPaaSではなくなったことが分かる。

 Hazard氏によれば、今後数カ月間は、SoftLayer.com、IBM.com/BluemixのどちらでもSoftLayerの製品を利用できるという。IBMはまた、SoftLayerのインフラとクラウドサービスを管理するための制御ポータルを、Bluemixのコンソールに統合した。

 今回のブランドの移行は、IBMが自社の「SoftLayer」のインフラを販売するだけではなく、「Microsoft Azure」や「Amazon Web Services」、「Google Compute Engine」も扱う「クラウドブローカー」に変わろうとしている中で起こった動きだ。


IBMのユーザーは、BluemixとSoftLayerのすべてのアセットを、1つのコンソール、1つのID、1枚の請求書で管理できるようになる。
提供:IBM

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する

  2. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  3. セキュリティ

    APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?

  4. セキュリティ

    クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?

  5. マーケティング

    ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]