Rethink Internet:インターネット再考

生命としてのインターネット(後編)--「脳とウェブが接続する未来」のために

高橋幸治 2016年11月13日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全体と個が融合する「インドラの網」としてのインターネット

 前編の最後にフランスの作家であるVictor Hugo(ヴィクトル・ユゴー)が小説「ノートルダム・デ・パリ」(1831年)の中で、15世紀のパリの街並みや大通りを「大動脈」や絡み合う「血管」と表現している一節を引用したが、往々にして人間はモノ/ヒト/コトといった情報の流れを何かしら有機的なものにたとえたりなぞらえたりする傾向があるようだ。

 考えてみれば私たちの身体自体が脳を中央制御室とした精緻を極めた情報処理システムとして機能しているわけだから、情報の相互関係や情報の相互伝達を生命的なイメージに置き換えるのはごく当たり前のことなのかもしれない。

 そして地球を皮膜のように覆う情報の網の目=インターネットは人間の脳神経系としてイメージされる。そのイメージが来るべき第二四半世紀には、単なるメタファーの域を超えて、現実に私たちの脳神経系と接続されていくだろう。

 前編でも述べたように、「人間自らが単独で思考しているのかインターネットによって思考を促され導かれているのか容易には見極めがつかない世界」や、「人間的なものがインターネットの中に流れ込み人間の内にインターネット的なものが混ざり込むような世界」に私たちはもうなかば突入していると言っていい。

 宮澤賢治の短編小説に「インドラの網」という美しい作品がある。中央アジアを彷彿とさせる架空の高原を1人あてどなく彷徨する主人公の私は、偶然たどり着いた湖のほとりで3人の天の子供たちと出会う。そこで私と3人の子供たちは日の出を待つが、東の空から昇った太陽の光に恍惚となる中、ひとりの子供が天空を見上げながら以下のようにつぶやく。

 「ごらん、そら、インドラの網を。」

 私は空を見ました。いまはすっかり青ぞらに変ったその天頂から四方の青白い天末までいちめんはられたインドラのスペクトル製の網、その繊維は蜘蛛のより細く、その組織は菌糸より緻密に、透明清澄で黄金でまた青く幾億互に交錯し光って顫えて燃えました。


「銀河鉄道の夜」や「注文の多い料理店」などで有名な宮澤賢治の小説「インドラの網」。非常に短い作品だが、あたかも「インドラの網」は地球を覆う情報の網の目=WWWとその中に織り込まれた私たち個々の人間との関係を象徴しているようだ(Amazon提供)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算