ブロックチェーンで40日間のファイナンス紛争を一瞬で解決--IBM 担当CTO

飯田樹 山田竜司 (編集部) 2016年11月10日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBMは9月に三菱東京UFJ銀行とのブロックチェーンを活用した電子契約書の実用化に向けた検討への合意を発表した。Linux Foundationのオープンソースのブロックチェーン開発プロジェクト「Hyperledger Project」にも参加している同社は、ブロックチェーンをどのように定義し、展望を描いているのか。同社のGlobal Blockchain Labs Engagementバイス・プレジデントでEurope CTO(最高技術責任者)のJohn McLean氏とGlobal Blockchain Labs Engagementの技術責任者であるAnthony O’Dowd氏に話を聞いた。


IBM Global Blockchain Labs Engagementバイス・プレジデント 兼 最高技術責任者(CTO)のJohn McLean氏

--まずはIBMが考えるブロックチェーンの定義について、お聞かせください。

McLean氏:ブロックチェーンとはブロックチェーンの参加者が、同じ記録のシステムを使えるようにする「共有台帳技術」を意味します。

 私達の生きている世界には、「ビジネスネットワーク」「資産」「市場」があります。「ビジネスネットワーク」の中には、顧客や銀行、パートナーなどさまざまな参加者がおり、そこでの取引や契約というモノとサービスの流れによって、「資産」が作られていきます。その中核にあるのが「市場」です。市場で取引をするために必要なのが「台帳(Ledger)」という記録のシステムです。

 ブロックチェーンを使うと、ビジネスネットワーク上のすべての参加者が同じ共有台帳を使えるようになります。共有された台帳がない場合、各参加者が個別の記録を持つことになります。しかし、管理にはお金がかかり、エラーも起こりやすい。内容についても別々の視点が入るので、正確性に欠けてしまいます。それがブロックチェーンを使うことで、ビジネスネットワークの参加者がリアルタイムで最新の台帳を確認できるようになるのです。また、共有台帳はパーミッション型なので、参加者は自分と関係のあるトランザクションのみを扱うことができるようになっています。もちろん、監査人や統制当局には、全体の取り引きを見ることが可能です。

--ブロックチェーンを導入すると、システムはどう変わるでしょうか。

McLean氏:既存のシステムの多くが入れ変わるというより、顧客は現在のシステムをそのまま使いながら、参加者が増えても透明性や強固なガバナンスが保てるようにしたいと考えています。導入により合意形成がネットワーク上ででき、ビジネスネットワークでの取り引きの歴史も見られる。そして、その場で決済を完了できるのが、追加の利点になるでしょう。

--ビットコインとブロックチェーンの関係について考えを教えてください。

McLean氏:ビットコインはブロックチェーンの技術を適用したものであると考えています。もともとブロックチェーンの技術があり、そこから派生して生まれてきたのがビットコインであるということです。ビットコインには、統制が正しく取れていない、匿名性があるためマネーロンダリング対策(anti-money laundering:AML)や顧客管理措置(Know Your Customer:KYC)が適用できないといった課題があります。しかし、私達の考えるブロックチェーンでのデジタル通貨はビットコインのような暗号通貨とは逆で、(ビットコインアドレスを持っているのは誰かという情報について全く公開されないのとは違い)誰が所有しているかを認識できるものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算