編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

新日鉄住金ソリューションズ、データ分析環境Data Veraciを自社クラウド基盤absonne上で提供開始

NO BUDGET

2016-10-31 15:11

 新日鉄住金ソリューションズは10月27日、データ分析環境として多くの実績を持つデータ分析統合環境「Data Veraci」を自社クラウド基盤「absonne」上で「Data Veraci@absonne」として提供開始すると発表した。既に、新日鐵住金では全社共通分析プラットフォームとして同サービスを利用している。

Data Veraci@absonneの利用イメージ
Data Veraci@absonneの利用イメージ

 Data Veraciは、2014年10月から提供されているデータ分析環境で、「食品業界の新商品予測」や「海運業界のインシデント分析」など数多くの実績がある。Data Veraciで利用するデータは機密情報に属するものが含まれていることが多く、これまでオンプレミスで構築されることがほとんどだった。そのため、インフラ環境の構築に多くの時間とコストが費やされるという課題があった。

 absonneは、基幹システムのインフラとして活用できるクラウドサービスで、2007年から提供されている。2015年からはabsonne西日本のサービスを開始し、DR(災害復旧)やBCP(事業継続計画)に対応したクラウドサービスとして提供している。Oracle E-Business SuiteやSAPなどの大規模ERPや独自アプリケーションへの活用などで多くの実績がある。

 同サービスではテンプレート化したインフラ環境をユーザーごとに用意しており、「手軽さ」と「セキュリティ」を両立させた仮想プライベートクラウドサービスという位置付けとなっている。また、申込みから1週間で利用開始でき、ユーザー側でインフラ基盤を準備する必要はないため、初期の投資コストも抑えることができる。さらに、1カ月からのサービス契約が可能で一時的な検証やスポット分析などにも利用できる。

Data Veraci@absonneが提供するデータ分析に必要なツール一覧
Data Veraci@absonneが提供するデータ分析に必要なツール一覧

 今回のサービス提供開始と同時に、高度な分析ノウハウを持つデータサイエンティストがプロジェクト立ち上げ支援から分析結果の業務活用に向けた支援まで実施するデータ分析のプロフェッショナルサービスも提供される。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]