編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

NEC、データの分散処理でクラウド連携を効率化するIoTデータ収集基盤を開発

NO BUDGET

2016-11-07 07:45

 NECは10月31日、IoT基盤「NEC the WISE IoT Platform」においてエッジコンピューティングを実現するIoTデータ収集基盤「エッジゲートウェイ」を開発したと発表した。2017年3月に出荷予定。

エッジゲートウェイ本体画像(NEC提供)
エッジゲートウェイ本体画像(NEC提供)

 エッジゲートウェイは、通信ネットワークに接続できない機器や各種センサなどと接続できる多種多様なインターフェースを装備し、さまざまなデバイスのデータ収集を可能にするもの。

 仕様の異なる多くのデバイスデータを分散処理することにより、機器のリアルタイムな制御や、クラウド連携時におけるネットワーク負荷低減にも寄与するほか、不正なデバイス接続やウィルスなどによる不正な通信を防止する機能も搭載しており、現場機器の安全なクラウド連携を実現するという。

装置構成イメージ(NEC提供)
装置構成イメージ(NEC提供)

 主な特徴は以下の通り。

ネットワーク非対応機器の見える化と共創によるIoTサービスの創出

 RS-232C、RS-485、USBなどの有線インタフェースと、920MHz無線、Wi-Fi、Bluetooth、LTEなどの無線インターフェースに対応。工場や店舗などに多数設置されている通信ネットワークに接続できないさまざまな機器や、カメラ、温湿度センサなどを接続してデータを取得し、クラウド連携により可視化することができる。また、取得したデータを活用し、顧客とともに課題の発見や仮説検証を行いながら、本基盤を活用したIoTサービスを共創することが可能。

分散処理によるリアルタイムな制御や運用管理の効率化を実現

 機器やセンサから収集したデータの全てをクラウド上で処理すると、ネットワークやクラウドの負荷が高まり、データの処理時間などが悪化する可能性があるが、本基盤が機器やセンサから取得したデータの処理の一部を担うことで、通信負荷を分散させ、データ処理の高速化やデバイスのリアルタイムな制御が可能となる。

 また、クラウド側から遠隔でファームウェアやアプリケーションのアップデートや、仕様の異なる機器のデータの整理・吸収が可能なため、機器情報を一元管理できる。

現場機器データの情報漏えいを防ぐセキュリティ対策

 不正なUSB機器接続やマルウェアによる意図しないネットワークアクセスを防止するホワイトリスト型のセキュリティ機能により、データの情報漏えいを防止し、現場機器の安全なネットワーク接続を実現する。

堅牢性や耐環境性を確保

 ファクトリコンピュータ「FC98-NXシリーズ」や製品組込み事業で培った堅牢なハードウエア構造(ファンレスなど)を採用。また、接続機器からのノイズ対策を施したインターフェースや広い動作温度を確保し、さまざまな組み込み環境にも対応可能。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]