編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」
IoT

会津若松市でIoTヘルスケア実証実験--市民100人の医療関連データを収集

日川佳三

2016-11-06 08:30

 アクセンチュアは11月4日、都内で会見し、福島県会津若松市が開始したプロジェクトでIoTデータを医療分野に活用する実証実験の内容を説明した。2016年度は、IoTセンサを利用する市民モニター100人を募集し、医療関連データの収集に注力する。実験では、データ活用のルールやITシステムの要件、ビジネスモデルなどを検証する。

 会津若松市は、総務省の支援を受けて、IoTデータを医療分野に活用する実証実験「会津若松スマートウェルネスシティ IoTヘルスケアプラットフォーム事業」に取り組んでいる(図1)。アクセンチュアは、実証実験の全体調整やシステム構築を手がけている。NECなど各社がセンサやアプリケーションなどの提供で同プロジェクトに参加している。

図1:会津若松市によるIoTヘルスケアプラットフォーム実証事業の全体像
図1:会津若松市によるIoTヘルスケアプラットフォーム実証事業の全体像

活動や睡眠、服薬をセンサで可視化

 モニター参加者が2016年度に利用できる情報サービスは、大きく2つある。1つは、IoTセンサを用いた健康情報の計測と可視化だ。Garmin製のスマートウォッチで心拍数や歩数、移動距離、消費カロリーなどの活動データを収集する。また、ベッドにセンサを付けて、呼吸や体動、いびきといった睡眠中のデータを測定する。さらに、薬箱に付けたセンサが箱の開閉を感知し、薬やサプリメントの飲み忘れを知らせる。

 利用できるもう1つの情報サービスは、モニター自身のプロフィール情報などを登録することで利用できるウェブアプリケーションだ。例えば、クックパッド子会社のおいしい健康は、同プロジェクトのプラットフォームから健康診断データやその他の健康状態データを取得した上で、モニターの健康状態にあわせた献立を作成して提示する。また、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命は、モニターが登録した関心分野にあわせて健康情報を配信する。

 会津若松市が市民向けに提供しているポータルサイト「会津若松+(あいづわかまつプラス)」からも、パーソナライズ画面を介して、今回のIoTによるヘルスケアプロジェクトで収集するIoTセンサのデータ(活動、睡眠、服薬)や健康診断データを確認できるようにする。

 100人を募集したモニター参加者の内訳は、8割が男性で2割が女性。20代が約10%、30代が約15%、40代が約40%、50代が約18%、60代が約16%。次年度はモニター数を数千人規模にしたいとしている。ポータルサイトには、約12万人の市民のうち約2万人がユーザー登録している。

アクセンチュア 公共サービス・医療健康本部 ヘルス&ソーシャルケアデザイングループ統括 マネジング・ディレクター 武内和久氏
アクセンチュア 公共サービス・医療健康本部 ヘルス&ソーシャルケアデザイングループ統括 マネジング・ディレクター 武内和久氏

ルール整備、ITシステム、ビジネスモデルなどを検証

 今回のIoTプロジェクトは、3つのステップで構成する。第1にデータを収集して蓄積する。第2にデータを共有して連携させる。第3にデータを活用して価値を創出する。

 このうち2016年は、第1と第2のステップを検証する。最終的に、実証実験の成果として、ルールの整備方法を明らかにするとともに、データベース構築ノウハウやビジネスモデルなどを作成する。さらにステークホルダーの取り込みや人材育成などを実施する。

 アクセンチュアで公共サービス・医療健康本部ヘルス&ソーシャルケアデザイングループ統括マネジング・ディレクターを務める武内和久氏は、今回のIoTプロジェクトの意義を「国の支援の下で民間、自治体、大学、病院、薬局などが組む、初めての試み」とアピール。「医療や健康分野のデータは、ひとつひとつが独立している。これを共通プラットフォーム化して共有、連携できるようにする。こうしたデータドリブンのアプローチが今後の医療政策になる」(武内氏)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]