編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

MS、「Azure Container Service」のエンジンをオープンソース化

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-11-08 10:18

 Microsoftは米国時間11月7日、「Azure Container Service(ACS)」のエンジンである「ACS Engine」をオープンソース化したとブログで発表した。ACSは「Microsoft Azure」上でのコンテナの配備や管理を行うサービスであり、4月に一般提供が開始されている。

 ACSを利用することで、「Apache Mesos」や「Docker Swarm」を用いたコンテナアプリケーションのオーケストレーションが可能になる。またACSによって、コードを修正することなく、Azureとの間でコンテナワークロードのやり取りも可能になるという。

 ACSは、AzureチームがDockerやMesosphereと協力して実施した取り組みに基づいている。この取り組みの目的は、「Docker」やApache Mesos、さらにMesosphereの「Datacenter Operating System (DCOS)」からのオープンソースコンポーネントをベースとする、本番環境に対応できるコンテナサービスを提供することだ。

 オープンソース化されたACS EngineはGitHub上で公開されており、7日付けのブログには「(これによって)DCOSやSwarm、『Kubernetes』の配備方法や、Azure上のコンテナ(パブリックなものと『Azure Stack』上のものの双方)のオーケストレーションに関するベストプラクティスに基づくコラボレーション方法をコミュニティーと共有できるようになる」と記されている。

 Microsoftは、コミュニティーからの貢献によって同サービスの向上を図っていきたいと考えている。

 またMicrosoftは7日、ACS上でネイティブに稼働するKubernetesである「Kubernetes on Azure Container Service」のプレビュー版のリリースも発表した(Microsoftは2014年に、Kubernetesのコンテナ管理テクノロジでGoogleと協力していくという計画を発表していた)。

 さらに同社は11月14日に、開発者が「Visual Studio」や「Visual Studio Team Services」「Visual Studio Code」からマルチコンテナLinuxアプリの統合や配備を設定できるようにする、「新たなエクスペリエンス」をリリースする計画だ。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]