編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
日本株展望

FBIのメール捜査終了で株高--大統領選はどうなる?

ZDNet Japan Staff

2016-11-08 11:10

今日のポイント

  1. 米FBIが「クリントン氏の私用メールをすべて調べた結果、問題はなかった」と発表したことを受け、世界的に株高が進んだ。これで、反資本主義・反グローバル主義の過激発言を繰り返すトランプ氏が当選するリスクは低下したと判断された
  2. 米国民は捜査終了の発表の仕方に後味の悪さも感じている。両候補の支持率の差は、まだ大きく開いたわけではなく、選挙結果は最後までわからない状況と言える

 これら2点について楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏の見解を紹介する。

FBIのメール捜査終了発表を受けて世界的に株高

 11月8日に大統領選を控え、ぎりぎりのタイミングで米連邦捜査局(FBI)コミー長官が世界の株式市場を驚かせる材料を2つも出した。

(1)10月28日にヒラリー・クリントン氏の私用メールの捜査を再開すると発表

 FBIは7月5日にクリントン氏の私用メール調査で問題は見つからず、捜査を終了すると発表していた。これで、メール問題は終結したと思われていたのだが、10月28日に新たに関連メールが見つかったので捜査を再開すると発表した。

 この発表を受けて、クリントン候補の支持率が急低下、トランプ候補の支持率が急上昇し、クリントン候補の楽勝と見られていた大統領選の行方がわからなくなった。FBIの一撃で反資本主義・反グローバル主義の過激発言を繰り返すトランプ氏が米大統領に逆転当選する可能性も出てきたと解釈され、世界的に株が売られ、為替市場ではリスクオフの円高が進んだ。

(2)11月6日にクリントン氏の私用メール捜査を終了すると発表

 FBIは、投票2日前に捜査終了を発表して再び市場を驚かせた。「24時間態勢でメールを調査したが、問題は見つからなかった」としている。これを受けて、以下の通り、11月7日は株高が進んだ。

 11月7日、日経平均は前週末比271円高の1万7177円、NYダウは11月8日の日本時間午前6時20分現在、同371ドル高の1万8259ドルだった。同時刻で為替は1ドル104.48円、CME日経平均先物(12月限)は1万7300円だった。

日経平均はとりあえず1万7000円台を回復

日経平均週足:2015年1月5日~2016年11月7日

日経平均週足:2015年1月5日~2016年11月7日

 今年の日経平均は、おおむね1万5000~1万7600円のレンジ(水色の線の枠内)で動いている。8月以降は、さらに狭い1万6000~1万7000円のレンジ(赤い線の枠内)で動いていた。

 10月後半には、世界的な投資環境の改善を映して1万7000円を超え、1万7600円をトライする直前まで上昇していた。そこで飛び込んだのが、FBIのメール捜査再開のニュースだった。トランプ・リスク復活で世界的に株が下がり、円高が進み、日経平均は4日に1万7000円を割れた。ただし、FBIの捜査終了発表を受けて、7日にすぐ1万7000円台を回復した。

大統領選の結果は結果が出るまでわからない

 米大統領選でクリントン氏が当選すれば、日経平均は再び下値を切り上げていくと考えられる。ただし選挙は水物だ。クリントン候補とトランプ候補の支持率はまだ接近したままで、最終結果が判明するまで楽観はできない。大勢は早ければ日本時間の明日(9日)午後に判明する見込みだ。

米大統領選の支持率推移:2016年8月1日~11月7日(日本時間23時)

米大統領選の支持率推移:2016年8月1日~11月7日(日本時間23時)
(出所:米政治専門サイト「リアル・クリア・ポリティクス」)

 10月28日のFBIのメール捜査再開発表を受けて、一時トランプ氏の支持率が急上昇、クリントン氏の支持率が急低下した。その後、トランプ氏の支持率は反落しているが、クリントン氏の支持率は上昇していない。FBIの捜査終了の発表の仕方がいかにも不自然なので、このニュースですぐにクリントン氏の支持率が回復するという流れにはなっていない。

 この調査で見る限り、両者の支持率の差はまだ小さいままだ。選挙で浮動票がどちらに動くかにより、結果はどうなるかわからない。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]