MSが示すセキュリティのあり方--IDの活用範囲拡大へ - (page 3)

阿久津良和 羽野三千世 (編集部)

2016-11-09 07:00

 パートナー戦略については、3月にNTTイノベーション・インスティテュートとMicrosoftの協業を発表済みだが、日本マイクロソフトは今回ラックとの協業を発表した。


ラック 営業本部 セキュリティ営業推進統括部 副統括部長 兼 ソリューション推進部長 信太貞昭氏

 ラックのセキュリティコンサルティングおよび監視サービス(JSOC)と、日本マイクロソフトのADおよびAzure AD、EMSを組み合わせ、標的型攻撃などに対応した「IDベースドセキュリティソリューション」を提供する。セキュリティ製品の課題として機能や効果、そして運用が不明確という点を改善するため、「顧客に説明を行う『セキュリティ対策アセスメント for EMS』を提供する。

 次に脆弱性の問題を明確に説明しながら導入を進める『EMS導入支援サービス』を展開。そしてマネージドサービスとして『JSOC MSS EMS監視・運用サービス』を提供する」(ラック 営業本部 セキュリティ営業推進統括部 副統括部長 兼 ソリューション推進部長 信太貞昭氏)

 日本マイクロソフトも「共同セミナーの開催などの活動を通じて協業に貢献したい。また、顧客の一番近いところにいるパートナーを通じて得られる情報を米国本社に上げて、製品改善につなげたい」(佐藤氏)とした。今後1年間で50社が本ソリューションを導入することを目標に共同で活動を行う。


日本マイクロソフトおよびラックが提供する「JSOC MSS EMS監視・運用サービス」の構造

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]