編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

環境に優しい世界のユニークなスマートシティ関連プロジェクト10選 - 8/10

Charlie Osborne (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2016-11-23 07:30

サンディエゴのクリーンテック

 米カリフォルニア州サンディエゴは、クリーンエネルギー利用と持続可能性で他の都市の模範になろうとしている。同市は多くのテクノロジ企業と協力しており、(スマートLED街灯、無料Wi-Fi、テクノロジを活用した市内の荒れた地区の再活性化などの)IoTを使った都市生活のスマート化だけでなく、電気自動車の導入推進にも力を入れている。

 同市は電気自動車のためのインフラ整備を進めており、これまでに1000カ所を超える公共充電ステーションが整備されている。さらに渋滞が多い混雑した地域には、約70基の急速充電スタンドが用意された。さらに同市は、太陽光発電で住民の電気自動車を充電する充電スタンドを設けており、余剰電力はスマートグリッド経由で市が利用できるようになっている。

サンディエゴのクリーンテック

 米カリフォルニア州サンディエゴは、クリーンエネルギー利用と持続可能性で他の都市の模範になろうとしている。同市は多くのテクノロジ企業と協力しており、(スマートLED街灯、無料Wi-Fi、テクノロジを活用した市内の荒れた地区の再活性化などの)IoTを使った都市生活のスマート化だけでなく、電気自動車の導入推進にも力を入れている

 同市は電気自動車のためのインフラ整備を進めており、これまでに1000カ所を超える公共充電ステーションが整備されている。さらに渋滞が多い混雑した地域には、約70基の急速充電スタンドが用意された。さらに同市は、太陽光発電で住民の電気自動車を充電する充電スタンドを設けており、余剰電力はスマートグリッド経由で市が利用できるようになっている。

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]