編集部からのお知らせ
新着:記事選集「エッジコンピューティング」
PDF Report at ZDNet:「文章を書くAI」

経団連、サイバー攻撃を受けた可能性を示唆

ZDNet Japan Staff

2016-11-10 19:16

 経団連は11月10日、経団連事務局のコンピュータから、外部と不審な通信を行っていた疑いがあることが11月4日に分かったと発表した。

 経団連事務局は、マルウェア感染や情報漏えいの可能性に配慮し、直ちに緊急対策チームを設置して対処しているとのこと。

 対策チームは、専門機関の協力を得て、通信を行ったコンピュータの調査を進めている。詳細な事実が判明しだい、改めて公表するとしている。

 経団連は1月に「サイバーセキュリティ対策の強化に向けた第二次提言」を発表し、経営者層の意識向上を促すとともに、サイバーセキュリティの確保を「経営上のリスク管理の重要項目」と位置づけている。

 経団連は、日本の代表的な企業とする1340社、製造業やサービス業などの主要な業種別全国団体109団体、地方別経済団体47団体などで構成している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]