編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

アクセンチュア、排泄予知のトリプル・ダブリュー・ジャパンと協業

ZDNet Japan Staff

2016-11-11 11:54

 アクセンチュアは11月10日、排泄予知ウェアラブル「DFree」を開発するトリプル・ダブリュー・ジャパンと協業したと発表した。今回の協業は、アクセンチュアが、顧客とスタートアップ企業、自治体などとの相互連携を促してオープンイノベーションを推進する取り組みの一環という。

 この協業によりアクセンチュアは、DFreeの技術やアイデアを活用して、アクセンチュアの顧客とともに医療・ヘルスケア分野における新規サービスなどを開発。トリプル・ダブリュー・ジャパンは、アクセンチュアの顧客に対してDFreeの活用方法を提案し、拡販を強化するほか、顧客の要望や意見を踏まえ、アクセンチュアと共同でDFreeの普及に向けた研究やサービス開発を進めるとした。

 DFreeは、超音波センサで膀胱の水分量を測定し、機械学習アルゴリズムにより排泄時期を予知するウェアラブルデバイス。アクセンチュアとトリプル・ダブリュー・ジャパンは、すでに神奈川県横浜市にある特別養護老人ホーム「和みの園」にてDFreeの実証実験を行い、DFreeがどの程度、入居者の生活の質の向上や、施設のオペレーションの効率化に寄与するかの検証を進めているという。

 両社は、より実践的で効果の高いDFreeのソリューションを構築するため、この協業を通じて、引き続き介護施設や病院などにおいて実証実験を継続するとした。

 アクセンチュアはオープンイノベーションやデジタル化の拠点として、アクセンチュア・デジタル・ハブを7月に設立、他社との連携を推進している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]