編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:MAツールのいま
「これからの企業IT」の記事はこちら
小売業界の破壊と変革

レガシーシステムに固執しない--デジタル変革へのステップ - (page 4)

福田壮

2016-11-17 07:00

(2)膨大なデータを処理するアーキテクチャの構築

 近年、小売業では大きく2種類の分析アーキテクチャが主流だ。1つは、欧米の大手ソフトウェア企業が主に提供している「従来型のエンタープライズ向けデータウェアハウス(EDWH)」で、もう1つは「ビッグデータ処理基盤」だ。「ビッグデータ処理基盤」は、Hadoopなどを中心としたオープンソースの活用が多く見られるもので、大量の購買行動やPOSデータを、店舗オペレーション改善に使える形で即時に提供したり、今まで扱うことができなかったSNS上のデータや画像・音声データを解析し、他の分析処理に必要なパラメータとして提供することに使うことができる。

 小売業は、このような武器を手に入れることで迅速な経営判断が求められるシーンでも、最新のデータを元に即座に正しい判断を下すこせるようになる。膨大なデータを即時に正確に処理できるようになればなるほど、よりタイムリーに適切なサービスを消費者に提供できるようになるだろう。

【統合化されたエンタープライズ分析プラットフォーム例】

 (Accenture Seamless Technology : Unleashing an Integrated Shopping Experiencesより)

(アクセンチュア作成)
(アクセンチュア作成)

(3)データオーナーを明確に

 小売業では、データオーナーが組織・業務機能ごとに暗黙で分担されている場合が多い。例えば、マーチャンダイザーは商品マスタの登録までに責任を負い、発注まで責任は負わない。また、在庫データに及んでは、店舗・倉庫・製造メーカーなど在庫データの意味合いはあれど、責任範囲は各ロケーションに閉じている場合が多い。

 シームレス化に向かうためには、こうしたサイロ化されたデータマネジメントではなく、例えば、自社のシームレス化の方向性を理解・共有し、業務・ビジネスとデータフローをシームレス化の観点で横断的に管理できる“データ統括”のポジションを設立する方法も有効だろう。Chief Customer Officerや、Chief Channel Officer、Chief Marketing Officerのようなポジションが考えられる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. セキュリティ

    Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス

  4. セキュリティ

    「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ

  5. クラウドコンピューティング

    データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]