人材紹介会社マイケル・ペイジのデータがCapgeminiから流出、研究者が報告--リスクは限定的

Asha McLean (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2016年11月14日 12時03分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グローバルな人材紹介会社Michael Pageのデータが流出したという。データには、同社に登録している求職者の名前や電子メールアドレス、カバーレター、職歴などの情報が含まれる。

 セキュリティ研究者Troy Hunt氏がブログ記事で明らかにしたところによると、流出したMySQLデータダンプは30Gバイトを超え、78万件以上のユニークな電子メールアドレスが含まれており、求職者に関する「大量」のデータがあるという。

 流出元はコンサルティングやアウトソーシングを手がける多国籍企業Capgeminiと考えられているが、情報が意図的に流出させられたのかどうかは不明だ。

 Michael Pageは求職者に対して、謝罪の電子メールを送信したとされている。その中で、PageGroupのウェブサイトをテストするためにCapgeminiが使用するサーバにサードパーティーが不正にアクセスしたと説明し、Capgeminiと協力して、問題の「修正」に取り組んでいると述べた。

 Michael Pageは声明の中で、今回のデータ流出を現地時間10月31日にCapgeminiに通知したこと、そして英国と中国、オランダの71万1000人の求職者の記録が不正アクセスを受けたことを明かした。

 「データの性質により、データ流出の影響を受けた求職者が不正な行為に遭うリスクは限定的だ。それ以外のデータは危険にさらされていないことも確認できている」(Michael Page)

 「われわれはデータに不正アクセスしたサードパーティーに対して、データのコピーをすべて破棄するよう要請し、彼らは既にそれを実行したと述べている」(同社)

 不正アクセスを受けたデータには、氏名や電子メールアドレス、電話番号、住所、仕事の分野や種類に関する情報、「暗号化された」パスワード、現在の仕事(LinkedInから応募している場合)、カバーレターが含まれていることをMichael Pageは認めた。

 Hunt氏は10月にはオーストラリア赤十字社のデータ流出も暴露している。このデータ流出では、1.74GバイトのMySQLデータベースバックアップが誰でもアクセスできる状態になっていたという。


流出したデータセットに含まれるテーブルの1つ
提供:Troy Hunt

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算